協働ロボットの世界市場:2022年から2028年にかけて、41.5%のCAGRで成長すると推定

Stratistics MRCによると、コラボレーティブロボットの世界市場は、2022年に18億7000万ドルを占め、予測期間中にCAGR41.5%で成長し、2028年には150億4000万ドルに達すると予測されています。協働ロボットは、作業現場での機動性と生産性を維持しながら、厳しい環境下で人間と一緒に活動を行うヒューマンスケールのロボットです。人間と一緒に活動するために、統合センサー、パッシブコンプライアンス、過電流検出などの安全機能が搭載されています。また、外力が大きすぎる場合は、内蔵されたセンサーが検知し、ロボットの動きを停止させることができます。さらに、センサーデータと人工知能や機械学習などのシンプルな技術を組み合わせることで、ダイナミックな実環境でのナビゲーションやリアルタイムの意思決定を支援することができます。

 

World Robotics 2020の産業用ロボットに関する新しいレポートによると、世界中の工場で稼働している産業用ロボットは270万台となり、12%増加しました。新型ロボットの販売は高水準を維持しており、2019年の世界出荷台数は37万3,000台です。これは2018年と比較すると12%減ですが、それでも過去3番目の販売台数を記録しています。

 

一般的に、これらのAutomationソリューションは、納品コストを大幅に削減することができます。これは、現在のロボットの進歩によって、さまざまな業界のビジネスが、人間の適性と能力を高めて自律的に運営できるようになったことが要因です。さらに、ロボットの導入を後押ししている重要な要素として、福利厚生や報酬の向上、労働力不足、トレーニングや入社までの期間の長さなどが挙げられます。これらの自動化されたソリューションは、配送、フルフィルメントセンター、倉庫などでより一般的になってきています。また、技術の進歩や用途の拡大により、地域全体でロボットを採用する製造業が増加しています。

 

世界市場は、予測期間中に大きな成長を見せると予想されます。しかし、その成長に影響を与える可能性のある要因もいくつかあります。まず、調達、統合、プログラミング、アクセサリー、メンテナンスなどに高額な初期費用が発生することが、成長を阻害する可能性があります。また、低開発・発展途上地域における専門職の不足も、成長に大きな影響を与える要因のひとつです。また、政府の規制が厳しいことも、世界市場の成長を阻害する主な要因の1つと考えられます。

 

コボットは、他の従来の産業用ロボットと比較して、高い投資収益率を提供します。投資に対する彼らの&かなりのリターンは、多くの国でロボットのインストールの潜在的な成長とともに、中小企業にとって魅力的です。また、協働ロボット-追加ハードウェアの配置のコストは、このタイプのロボットのコストよりも高く、一方、標準的な産業用ロボットの追加ハードウェアの配置のコストは、ロボット自体のコストよりも高くなります。したがって、追加ハードウェアとコンポーネントを含む従来の産業用ボットの総合コストは、コボットと比較して高くなります。したがって、コボットは、コントローラ、インジケータおよびビジョンシステムのみを必要とするため、従来の産業用ロボットと比較して、高い投資収益率を実現します。

 

一般的に、協働ロボットの多くは、最大可搬質量が15kg以下に制限されています。可搬重量の増加は、ロボットの再現性の低下やセンサーの追加による重量の増加を招くことが多いため、ほとんどの協働ロボットは低可搬重量の用途に使用されています。また、協働ロボットは人間の腕と同じ速度で動くように設計されているため、人間と一緒に安全に配置することができます。そのため、ロボットの機械設計、特にモーター駆動のロボット関節には、性能上の制約を織り込まなければなりませんでした。しかし、このような速度制限は、ロボットのスループットを低下させるだけでなく、サイクルタイムを増加させます。例えば、協働ロボットの速度が低いため、食品・飲料用途では、ロボットがプロセスラインの速度についていけない場合があり、用途が限定されます。したがって、協働ロボットは従来の産業用ロボットに取って代わることはできず、そのため、高速性と可搬性を必要とする多くの産業用アプリケーションは、依然として協働ロボットの手の届かないところにあると言えます。

 

世界では、COVID-19というパンデミックの急速な広がりと絶えず戦っており、ロボット工学と自動化は、人々の安全を守り、リモートワークや自宅学習へとシフトしている人々が必要とする物資の処理を支援する上で非常に重要な役割を果たしている。ロボットは病院の消毒に役立っています。また、社会的距離を置くようになった人々のもとに、ロボットが自律的に物資を届けてくれるようになりました。さらに、自動化されたワークステーションは、製薬会社の仕事をスピードアップしています。

 

9kgまでのセグメントが、市場で最も高いCAGRで成長している。9kgまでの可搬質量で動作するコラボレーションロボットは、マテリアルハンドリング、パレタイジング、マシンテンディングなどの用途で、工場の自動化作業の大半で使用されています。自動車産業では、特に可搬重量9kgまでのコボットが、組み立て中の小型エンジンやトランスミッションの部品を、人間の作業者とともにピックアンドプレースするために使用されています。

 

10~20kgのセグメントでは、精度や信頼性を必要とする大きなタスクの処理、より重量のあるプロセスの共同作業が可能であることから、予測期間中に最大のシェアを占めると予想される。

 

北米が最大のシェアを占めると予測されています。この市場の成長の主な理由は、多くの産業でこれらの協働ロボットの採用が進んでいることです。さらに、米国ではロボット手術の採用が顕著に進んでいます。ブランドイメージと競争優位性を構築するために、ロボット手術は過去20年間で最も急速に採用された医療機器となっています。これにより、同地域の医療・ヘルスケア分野におけるロボットのニーズが高まるものと思われます。

 

ヨーロッパは、エレクトロニクス、物流、検査などのさまざまな垂直分野でコボットの膨大なアプリケーションがあるため、CAGRが最も高くなると予測されています。また、コボットの技術の地域的な成長は、職場での自動化によって提供されるコラボレーションの増加や効率的な製造最適化ソリューションなどの様々な利点に起因している可能性があります。

 

 

市場の主要なプレーヤー

 

 

コラボレーティブロボット市場で紹介されている主要企業には、ABB、AUBO Robotics、MABI Robotic、Precise Automation、Productive Robotics Inc、Rethink Robotics、Robert Bosch、Techman Robot、Carbon Robotics、Doosan Robotics、Franka Emika、Hanwha Precision Machinery、Kawada Robotics、Universal Robots、YASKAWA Robotics India Limitedなどが含まれます。

 

 

主な展開

 

 

2020年12月に ABB Ltd.は、同社のシングルアーム型コボット「YuMi」のプログラミングをより簡単にするため、ブロックベースのプログラミングインターフェース「Wizard Easy Programming」を導入した。プログラミングを知らない人でも簡単に設定できるようにし、入門のハードルを下げる狙いがあるとしている。

2020年3月、。ユニバーサルロボットは、中小企業から大企業までコボットの導入を容易にするUR+アプリケーションキットを紹介するとともに、MODEX2020では、パレタイジングやピースピッキングなど人手のかかる作業の自動化をコボットで実現する革新的なソリューションを紹介した。

2020年3月には 協働ロボットのグローバルリーダーであるTechman Robot(台湾)は、インスタントサービスやトレーニングコースの提供、また在庫ハブとして専用にヨーロッパに最初の事務所を開設しました。新オフィスはオランダにあり、テックマンロボットは欧州のパートナーや顧客の高まるニーズに効果的に対応し、ロボットソリューションの導入に関心を持つより多くの地元企業をサポートします。

2020年2月には Universal Robots(デンマーク)とMobile Industrial Robots(デンマーク)が共同で、親会社であるTeradyne(米国)の資金援助を受け、デンマークのオーデンセに新しいコボットハブを設立し、拡張することを発表。この新拠点は、今後両社に期待される継続的な成長を促進するために、新たな従業員の獲得に貢献する予定です。

対象となるアームの種類
– アーティキュレーテッド
– デュアルアーム
– パラレル/デルタ
– 選択的コンプライアンスアセンブリロボットアーム(SCARA)

対象部品
– ハードウェア
– サービス
– ソフトウェア

対象ペイロード容量
– 5kgまで
– 9kgまで
– 10kg以上20kg未満
– 20kg以上

安全確保の方法
– ハンドガイド
– パワーとフォースリミット
– 安全率監視停止
– 速度と分離の監視

ソリューション
– カメラによる3次元空間監視システム
– セーフグリップ
– セーフティレーザースキャナー
– セーフティライトカーテン

対象となるアプリケーション
– 組立ライン
– コンピュータ数値制御(CNC)マシンテンディング
– 調剤
– 研究室分析
– マテリアルハンドリング
– メディカルアシスト
– 成形作業
– 小物部品の組立・分解
– 研磨
– 配置
– 検査・測定
– 加工
– サンプリング
– 溶接・接合
– その他のアプリケーション

対象となるエンドユーザー
– 航空宇宙・防衛
– 農業
– 自動車
– ビルディング
– 金属加工
– 食品・飲料
– 家具・設備
– 製造業
– 金属・機械
– 鉱業
– 石油・ガス
– 製薬・ヘルスケア・ライフサイエンス・バイオテクノロジー
– セメント・ガラス
– 化学品
– 化粧品
– 発電事業
– 電子・電気
– エンターテイメント
– パルプ・紙
– 小売
– ゴム・プラスチック・高分子
– 半導体
– 水・廃水
– その他のエンドユーザー

対象地域
– 北米
o 米国
o カナダ
o メキシコ
– ヨーロッパ
o ドイツ
o 英国
o イタリア
o フランス
o スペイン
o その他のヨーロッパ
– アジア太平洋地域
o 日本
o 中国
o インド
o オーストラリア
o ニュージーランド
o 韓国
o その他のアジア太平洋地域
– 南米
o アルゼンチン
o ブラジル
o チリ
o 南米のその他
– 中東・アフリカ
o サウジアラビア
o UAE
o カタール
o 南アフリカ
o その他の中東・アフリカ地域

 

 

 

【目次】

 

 

1 エグゼクティブサマリー

2 前書き
2.1 概要
2.2 ステークホルダー
2.3 調査範囲
2.4 調査方法
2.4.1 データマイニング
2.4.2 データ分析
2.4.3 データバリデーション
2.4.4 リサーチアプローチ
2.5 リサーチソース
2.5.1 一次調査資料
2.5.2 セカンダリーリサーチソース
2.5.3 前提条件

3 市場トレンドの分析
3.1 はじめに
3.2 ドライバ
3.3 制約
3.4 オポチュニティ
3.5 脅威
3.6 アプリケーション分析
3.7 エンドユーザー分析
3.8 新興国市場
3.9 Covid-19の影響

4 ポーターズファイブフォース分析
4.1 供給者のバーゲニングパワー
4.2 バイヤーの交渉力
4.3 代替品の脅威
4.4 新規参入者の脅威
4.5 競合他社との競争

5 コラボレーションロボットの世界市場(アームタイプ別
5.1 はじめに
5.2 多関節型
5.3 デュアルアーム
5.4 パラレル/デルタ
5.5 選択的コンプライアンスアセンブリロボットアーム(SCARA)

6 協調型ロボットの世界市場、コンポーネント別
6.1 はじめに
6.2 ハードウェア
6.2.1 ロボットアーム
6.2.2 エンドエフェクター/エンドオブアームツール(EOAT)
6.2.2.1 クランプ
6.2.2.2 グリッパー
6.2.2.2.1 電気式
6.2.2.2.2 磁気式
6.2.2.2.3 空気圧式
6.2.2.3 ロボットスクリュードライバー
6.2.2.4 サンディング及びデバリングツール
6.2.2.5 ツールチェンジャー
6.2.2.6 バキュームカップ
6.2.2.7 溶接ガン
6.2.3 コントローラー
6.2.4 電源
6.2.5 センサ
6.2.6 ドライブ
6.2.7 モータ
6.3 サービス
6.4 ソフトウェア

7 コラボレーションロボットの世界市場(ペイロード容量別
7.1 はじめに
7.2 5kgまで
7.3 9kgまで
7.4 10~20kg未満
7.5 20kg以上

8 コラボレーションロボットの世界市場、安全方式別
8.1 導入
8.2 ハンドガイド
8.3 パワーとフォースリミット
8.4 安全評価された監視停止
8.5 速度と分離の監視

9 コラボレーションロボットの世界市場、ソリューション別
9.1 はじめに
9.2 カメラによる3次元空間監視システム
9.3 安全な把持
9.4 セーフティレーザースキャナー
9.5 セーフティライトカーテン

10 コラボレーションロボットの世界市場(アプリケーション別
10.1 はじめに
10.2 組立ライン
10.3 コンピュータ数値制御(CNC)マシンテンディング
10.3.1 鍛造
10.3.2 射出成形(Injection Molding
10.3.3 パンチング
10.3.4 スタンピング
10.3.5 トリミング
10.4 塗布
10.4.1 塗布/塗装/スプレー
10.4.2 接着
10.5 ラボ分析
10.6 マテリアルハンドリング
10.6.1 ピックアンドプレースハンドリング/ドロップ
10.6.2 マテリアルハンドリング
10.6.3 パッケージング
10.6.4 パレタイジング、デパレタイジング
10.7 メディカルアシスト
10.8 成形作業
10.9 小物部品の組立・分解作業
10.9.1 ケース梱包
10.9.2 ナット締め
10.9.3 ネジの打ち込み
10.10 研磨
10.11 配置
10.12 検査・測定
10.12.1 分析・試験
10.12.2 品質チェック
10.13 加工
10.13.1 研削加工
10.13.2 フライス加工及び旋盤加工
10.13.3 切削加工
10.14 サンプリング
10.15 溶接・接合
10.15.1 アーク溶接
10.15.2 レーザ溶接
10.15.3 スポット溶接
10.15.4 その他の溶接及び接着剤
10.15.4.1 メタルイナートガス(MIG)溶接
10.15.4.2 抵抗溶接(RESISTANCE WELDING
10.15.4.3 タングステンイナートガス(TIG)溶接
10.16 その他の用途
10.16.1 クリーナー
10.16.2 位置決め
10.16.3 ハンダ付け
10.16.4 芯出し
10.16.5 外科手術
10.16.6 ダイカスト
10.16.7 インスティチューショナル
10.16.8 機械試験
10.16.9 成形

11 コラボレーションロボットの世界市場(エンドユーザー別
11.1 はじめに
11.2 航空宇宙・防衛
11.3 農業分野
11.4 自動車
11.5 建築物
11.6 金属加工
11.7 食品・飲料
11.8 家具・設備
11.9 製造業
11.10 金属・機械
11.11 鉱業
11.12 石油・ガス
11.13 製薬・ヘルスケア・ライフサイエンス・バイオテクノロジー
11.14 セメント・ガラス
11.15 化学
11.16 化粧品
11.17 電力事業
11.18 電子・電気機器
11.19 エンターテインメント
11.20 パルプ・紙
11.21 小売業
11.22 ゴム・プラスチック・高分子
11.23 半導体
11.24 水道・廃水
11.25 その他エンドユーザー
11.25.1 消費財
11.25.2 教育
11.25.3 ロジスティクス(3PL)
11.25.4 科学研究

12 コラボレーションロボットの世界市場、地域別
12.1 はじめに
12.2 北米
12.2.1 米国
12.2.2 カナダ
12.2.3 メキシコ
12.3 欧州
12.3.1 ドイツ
12.3.2 英国
12.3.3 イタリア
12.3.4 フランス
12.3.5 スペイン
12.3.6 その他ヨーロッパ
12.4 アジア太平洋地域
12.4.1 日本
12.4.2 中国
12.4.3 インド
12.4.4 オーストラリア
12.4.5 ニュージーランド
12.4.6 韓国
12.4.7 その他のアジア太平洋地域
12.5 南米
12.5.1 アルゼンチン
12.5.2 ブラジル
12.5.3 チリ
12.5.4 南米その他
12.6 中東・アフリカ
12.6.1 サウジアラビア
12.6.2 UAE
12.6.3 カタール
12.6.4 南アフリカ
12.6.5 その他の中東・アフリカ地域

13 主要開発品
13.1 合意、パートナーシップ、コラボレーション、ジョイントベンチャー
13.2 買収と合併
13.3 新製品上市
13.4 拡張
13.5 その他の主要戦略

14 会社プロファイル
14.1 ABB
14.2 AUBO ロボティクス
14.3 MABI ロボティック
14.4 プリサイスオートメーション
14.5 プロダクティブ・ロボティクス
14.6 リシンク・ロボティクス
14.7 ロバート・ボッシュ
14.8 テックマンロボット
14.9 カーボンロボティクス
14.10 Doosan Robotics(斗山ロボティクス
14.11 フランカエミカ
14.12 ハンファ精密機械
14.13 カワダロボティクス
14.14 ユニバーサルロボット
14.15 ヤスカワロボティクスインディア株式会社

 

 

 

【お問い合わせ・ご購入サイト】
www.globalresearch.jp/contact
資料コード: SMRC21799