世界のデータセンターラック市場は、2022年から2031年にかけて年平均成長率12.8%で成長すると推定

ユーザーデータの保護と整理への注目の高まりが、世界のデータセンターラック市場を牽引しています。データセンター・ラックは、電子機器を整理し、適切なエアフローを提供して、厳しい温度による技術の内部動作へのダメージを回避するのに役立ちます。データセンターのブランキングパネルは、コードやワイヤ、その他の外部コンポーネントが絡まったり、その他の形で乱暴に扱われたりすることによる損傷を抑えます。耐久性の高いラックの採用が進み、データセンターにおけるコロケーションやホワイトスペースの設置数が急増していることから、予測期間中の市場拡大が期待されています。市場参加者は、高度なプレハブ式モジュラーデータセンターやモジュラーデータセンターインフラを開発し、収益源を強化しています。

 

データセンターラック市場の紹介

 

データセンターラックは、サーバー、ケーブル、その他のデータセンターコンポーネントを収納するために設計されたフレームです。この物理的な鉄と電子のフレームワークにより、データセンター施設内のデバイスの配置と編成が可能になります。データラックは、IT・通信、BFSI、製造、その他の産業で使用されています。コロケーションラックのような個々の取り付け構造は、多数のハードウェアユニットとサービスを積み重ねるために使用されます。セキュリティ、冷却、システムのトラブルシューティングの容易さなどを提供します。

耐久性のあるデータセンター・キャビネットは、主にラックマウントサーバーやブレードサーバーなど、さまざまなフォームファクターのサーバーを格納するために設計されています。また、通信機器、ネットワーク機器、冷却システム、UPSなど、その他のコンポーネントを収納できるよう設計されている。各ラックは通常、電気、ネットワーク、インターネットケーブルを接続するためのスロットを備えたプレハブ構造になっています。データセンターのサーバーラックは、体系的な設計に基づいて作られており、容量やベイの数によって分類されます。

ビッグデータ解析は、さまざまな産業における技術の進歩により、ここ数年で急速な成長を遂げています。ビッグデータとは、主にテキスト、ジオメトリ、画像、動画、音声などの形態のデジタルデータのことを指します。データは、センサー、デジタイザー、スキャナー、数値モデリング、携帯電話、インターネット、ビデオ、電子メール、ソーシャルネットワークなど、さまざまなソースから収集することができます。ビッグデータソースは、大量のデータをデータセンターに送信するため、受信帯域幅の要件が増加する可能性があります。

ビッグデータ解析は、多数のソースから収集され、複数のデータセンターで処理される複雑かつ非構造化な組織データの管理を支援します。そのため、世界中の企業は収集したデータを保存・監視するために、新しいデータセンターに投資しています。データセンターはこれまで、合理的なデータを保存するために設計されていました。しかし、より大きな容量を持つデータセンターでは、非構造化データおよび構造化データを大量に保存することが求められるようになりました。したがって、データセンターのネットワークインフラは、データの量と速度の増加に対応するために、変更またはアップグレードする必要があります。このような背景から、データセンターのストレージハードウェアとネットワークインフラの進歩が加速し、大量のデータを扱うデータセンターを管理するための革新的な手法の導入が促進されると期待されています。このように、組織化されたデータおよび未組織化データのトラフィックの増加は、予測期間中にデータセンターラック市場を推進すると予測されます。

さまざまな業種のITインフラが拡大することで、相当量の構造化データおよび非構造化データが生成されます。このため、生成されたデータを保存し、高セキュリティなサービスで保護するための超大規模データセンターの開発ニーズが発生しています。IBM、アマゾン、グーグル、マイクロソフトによるクラウドベースのアプリケーションやサービスの採用は、相当量のデータの生成に役立っています。この結果、従来のパブリッククラウドデータセンターは、データストレージ能力の向上に重点を置くため、ハイパースケールデータセンターに置き換えられています。また、スマートフォン、ソーシャルメディアサイト、OTTプラットフォームの利用が増加したことで、大量のデータが生成され、大規模データセンターに対する需要が高まっています。

世界各国の政府は、デジタルサービスに対する消費者や企業の需要の増加に対応するため、超大規模データセンターインフラの開発にますます投資するようになっています。さまざまな産業におけるIoT、AI、MLなどの高度な技術の浸透の増加は、ストレージ用にハイパースケールデータセンターを必要とする大量のデータをさらに発生させます。したがって、ハイパースケールデータセンターの開発への投資の増加が、世界のデータセンターラック市場の活性化につながっています。

北米は、2022年末までにデータセンターラックの世界市場で大きなシェアを占めると予想されます。これは、データの保存やメンテナンスといった顧客ニーズに応じたITインフラの開発が増加しているためです。米国やカナダなどには多くのIT・通信企業が存在し、同地域におけるデータセンターとそのサービスの展開の拡大に貢献しています。

アジア太平洋地域の市場は、同地域のITセクターの拡大により、予測期間中に大きく成長することが期待されています。欧州の市場は、2031年までに17億4,000万米ドルの収益を上げ、予測期間中に11.3%のCAGRで成長すると予測されています。南米と中東・アフリカの市場は、ハイブリッドクラウドソリューションの採用やコロケーションサービスを利用した相互接続ソリューションの利用が増加していることが要因となっています。

世界のデータセンターラック市場は統合されており、少数の大規模ベンダーがシェアの大半を占めています。ほとんどの企業は、包括的な研究開発活動に多額の投資を行っています。製品ポートフォリオの拡充やM&Aは、有力企業が採用する主要な戦略です。Cisco Systems, Inc.、Black Box Corporation、Chatsworth Products, Inc.、Dell Inc.、Eaton Corporation Plc、富士通株式会社、IBM Corporation、Huawei Technologies Co, Ltd.、Hewlett Packard Enterprise Development LP、Legrand SA、Oracle Corporation、Rittal GmbH & Co. KG、Schneider Electric SE、Belden Inc.、Vertiv Group Corp.などが、この市場で事業を展開している主要な企業です。

 

データセンターラックの世界市場における主な展開

 

2022年9月、Vertivはインドで新しいプレハブ式モジュラーデータセンターとモジュラーデータセンターインフラの提供を開始しました。この統合ソリューションは、ITリソースの展開に最適化された柔軟なプラットフォームであり、より短時間で簡単に容量を導入する方法を提供します。
2022年4月、リタールはITエコシステムのグローバルプロバイダーでありソリューションアグリゲーターであるTD SYNNEXと提携し、ITラックエンクロージャー、ソリューション、アクセサリーをTD SYNNEX経由でIT顧客へ販売する。
2021年3月、シスコシステムズ社は、ヨーロッパと中東・アフリカのコラボレーション顧客にサービスを提供するための新しいデータセンターを立ち上げました。この新しいデータセンターは、シスコの顧客が従業員にオンデマンドのリモートワーク施設を提供するのに役立つと期待されています。
これらの各企業は、会社概要、財務概要、事業戦略、製品ポートフォリオ、事業セグメント、最近の動向などのパラメータに基づいて、データセンターラック市場レポートにおいて紹介されています。

 

 

【目次】

 

1. はじめに

1.1. 市場紹介

1.2. 市場の細分化

1.3. 主な調査目的

2. 前提条件と調査方法

2.1. 調査方法

2.1.1. 一次資料・二次資料のリスト

2.2. データモデリングの主要な前提条件

3. エグゼクティブサマリー:データセンターラックの世界市場

4. 市場概要

4.1. 市場の定義

4.2. 技術別・製品別ロードマップ

4.3. 市場ファクター分析

4.3.1. 予測要因

4.3.2. エコシステム/バリューチェーン分析

4.3.3. 市場ダイナミクス(成長インフルエンサー)

4.3.3.1. ドライバー

4.3.3.2. 抑制要因

4.3.3.3. 機会

4.3.3.4. ドライバーと阻害要因のインパクト分析

4.4. COVID-19のインパクト分析

4.4.1. COVID-19のデータセンターラック市場への影響

4.4.2. エンドユーザー情緒分析。支出に関する比較分析

4.4.2.1. 支出の増加

4.4.2.2. 支出の減少

4.4.3. 短期的および長期的な市場への影響

4.5. 市場機会評価-地域別(北米/欧州/アジア太平洋/中東・アフリカ/南米)

4.5.1. コンポーネント別

4.5.2. ラック高さ別

4.5.3. エンドユーザー別

5. データセンターラックの世界市場分析・予測

5.1. 市場収益分析(US$ Mn)、2016-2031年

5.1.1. 歴史的な成長傾向、2016年~2021年

5.1.2. 予測トレンド、2022年〜2031年

5.2. 市場数量分析(百万台)、2016-2031年

5.2.1. 歴史的な成長トレンド、2016-2021年

5.2.2. 予測トレンド、2022年〜2031年

5.3. プライシングモデル分析/価格動向分析

6. データセンターラックの世界市場分析(コンポーネント別

6.1. 概要と定義

6.2. 主要セグメント分析

6.3. データセンターラック市場規模(US$ Mn)予測、コンポーネント別、2018年~2031年

6.3.1. ソリューション(ラック)

6.3.2. サービス(設計、設置、サポート&メンテナンス)

7. データセンターラックの世界市場分析:ラック高さ別

7.1. 概要と定義

7.2. 主要セグメント分析

7.3. データセンターラック市場規模(US$ Mn)予測、ラック高さ別、2018年~2031年

7.3.1. 42U以下

7.3.2. 43U〜52U

7.3.3. 52U以上

8. データセンターラックの世界市場分析、エンドユーザー別

8.1. 主要セグメント分析

8.2. データセンターラックの市場規模(US$ Mn)予測、エンドユーザー別、2018年~2031年

8.2.1. BFSI

8.2.2. IT・テレコム

8.2.3. 政府機関

8.2.4. 小売

8.2.5. 製造業

8.2.6. ヘルスケア

8.2.7. エネルギー・公共事業

8.2.8. その他

9. データセンターラックの世界市場分析・予測(地域別

9.1. 主な調査結果

9.2. 地域別市場規模(US$ Mn)予測、2018年~2031年

9.2.1. 北米

9.2.2. 欧州

9.2.3. アジア太平洋

9.2.4. 中東・アフリカ

9.2.5. 南米

10. 北米データセンターラックの市場分析・予測

10.1. 地域別展望

10.2. データセンターラック市場の規模(US$ Mn)分析と予測、2018年~2031年

10.2.1. コンポーネント別

10.2.2. ラック高さ別

10.2.3. エンドユーザー別

10.3. データセンターラック市場規模(US$ Mn)国別予測、2018年~2031年

10.3.1. 米国

10.3.2. カナダ

10.3.3. メキシコ

 

 

 

【お問い合わせ・ご購入サイト】
www.globalresearch.jp/contact
資料コード:TMRGL85100