年平均20.7%で拡大が予測される、拡張型検知・応答の世界市場、その動向と機会を分析

2021年の世界の拡張型検知・応答市場規模は6億2820万米ドルで、2022年から2030年にかけて年平均成長率(CAGR)20.7%で拡大すると予測されています。Extended Detection and Response(XDR)とは、高度で包括的な検知と対応のニーズに応えるために開発されたセキュリティ技術の新用語です。モノのインターネット(IoT)やクラウドなどの技術の継続的な発展により、サイバー脅威のリスクが高まり、重要なデータを保護する上で課題が発生しています。その結果、組織はセキュリティを強化し、冗長な攻撃を減らすために、複数のセキュリティ・ソリューションに費用を投じています。

 

複数のソフトウェアソリューションと既存システムとの統合が進み、増え続けるセキュリティ脅威について限られた状況下で複数のアラートを管理する複雑さが増すと、セキュリティチームは可視性を失い、業務に支障をきたすようになります。このような背景から、動的解析と機械学習技術を使用して、ネットワーク、クラウド、およびエンドポイントにおける可視性、分析、および対応を拡張する XDR テクノロジーが登場しました。

 

XDRソリューションを統合することで、企業のセキュリティアナリストは、組織のITインフラに影響を与える可能性のある深刻度に基づいてサイバー脅威を排除し、ターゲットにすることができます。XDRソリューションの人気が高まっていることから、米国では複数のサイバーセキュリティベンダーが先進的なEDRおよびXDRソリューションを導入するようになりました。例えば、米国を拠点とするサイバーセキュリティソリューションプロバイダーのSentinelOneは、2020年2月に、物理または仮想、オンプレミス、またはクラウド上のあらゆるエンドポイントデバイスで高度な脅威検知と完全な可視性を提供するAI搭載のXDRソリューションを発表しました。

 

高度な脅威をリアルタイムで監視・調査するニーズの高まりにより、企業は脅威検知の機能をエンドポイントからクラウド、サーバー、メール、ネットワークなどの複数のセキュリティ制御ポイントに拡張するセキュリティソリューションを採用する必要に迫られています。このため、複数のセキュリティ層にわたって行動分析およびテレメトリ分析を可能にする XDR ツールの採用が進み、セキュリティアナリストが多数の脅威を可視化することができるようになりました。さらに、XDR ツールを使用することで、カスタマイズされたインシデント対応が可能になり、重要なサーバーのダウンタイムが短縮されます。これらのメリットは、予測期間中の市場成長を促進すると期待されています。

 

複雑化する規制コンプライアンス要件、クラウドコンピューティングへの急速な移行、技術的なセキュリティスタッフの不足、脅威の絶え間ない進化などにより、企業にとってセキュリティの課題は増え続けています。しかし、COVID-19の大流行への対応は、2020年においても世界中のほとんどのセキュリティ事業者にとって大きな課題となっています。パンデミックにより、セキュリティ担当者の関心は、ローカルエリアネットワーク(LAN)接続を必要としない運用ツールやクラウド提供のセキュリティツールに再び集まり、クラウドデータセンターやSaaS(Software as a Service)アプリケーションへの移行が必要になってきました。このため、企業は、クラウドとビジネスネットワークにまたがるポリシーへのアクセスや脅威の追跡をリモートで行うXDRソリューションの導入を促しました。

 

パンデミック時に組織がリモートワーク文化の導入を迫られたため、セキュリティ監視と脅威検出のデジタル化と自動化が注目を集めました。リアルタイムセキュリティとワークフロー管理機能を備えた XDR ソリューションは、セキュリティアナリストが繰り返し行う作業、トレーニング、およびサポートに費やす時間を大幅に削減するのに役立っています。また、XDR ソリューションは、一般的な管理とワークフロー管理に加えて、大量のアラートを小さなインシデントに分けて、その重大度レベルとともに提供するのに役立ちます。これらの要因が、パンデミック時の市場成長に寄与しています。

 

2021年の拡張検知・対応(XDR)市場は、ソリューション部門が支配的で、収益シェアの約60%を占めています。エンドポイントからネットワーク、サーバーまで、複数のコントロールポイントにまたがるサイバー脅威を全体的に把握できる統合ソリューションのニーズが、XDRソリューションの採用拡大に寄与しています。さらに、複数のセキュリティソリューションの管理に伴う複雑さを軽減する必要性や、こうしたソリューションが提供するアラートも、このセグメントの成長に寄与しています。

 

サービス分野は、予測期間中に最も高いCAGRを記録すると予想されます。組織のセキュリティ境界線全体でサイバー脅威のリスクが進化していることが、マネージドサービスの必要性を高めています。マネージドXDRベンダーは、組織のITインフラをリアルタイムで評価し、高度なインシデントの検出と軽減を行います。さらに、導入やトレーニングサービスに対する需要の高まりが、サービスセグメントを牽引しています。

 

2021年のXDR市場は、オンプレミス部門が支配的で、収益シェアの約55%を占めている。必要なITインフラを持つ企業は、ソリューションとアップグレードの完全な所有権を持つため、自社敷地内へのXDRソリューションのインストールを好んでいる。重要なビジネス情報を扱うさまざまな大規模組織や企業は、最適なレベルのデータセキュリティと物理的なアクセス制御を提供するため、オンプレミスの拡張検出および応答ソリューションを選択します。

 

クラウドベースの分野は、そのコストメリットと柔軟性により人気を博しています。さらに、主要な市場プレーヤーは、クラウドソリューション市場の上昇に乗じて、クラウドベースの高度な脅威管理ソリューションの投入に注力しています。例えば、2020年10月、McAfee, LLCは、プロアクティブでデータを意識したオープンなXDRクラウドベースプラットフォームであるMVISION XDRを発表しました。クラウドベースの拡張検知・対応ソリューションにより、消費者がソフトウェアを管理、アップグレード、購入する必要がなくなります。

 

2021年の収益シェアは、大企業セグメントが60%以上を占め、優位に立ちました。大企業は、多くの従業員がワークステーションで機密性の高いビジネス情報やデータを処理しているため、サイバー脅威のリスクがより大きくなっています。さらに、テクノロジー企業におけるBYOD(Bring Your Own Device)の増加傾向は、サイバー攻撃の脅威を強めており、XDRソリューションの需要を促進しています。

 

中小企業におけるXDRソリューションおよびサービスの需要は、予測期間中に大幅なCAGRで上昇すると予想されます。事業運営にモバイルおよびウェブベースのアプリケーションを採用する企業が増える中、中小企業はセキュリティギャップを特定し、サイバーリスクを軽減するために XDR ソリューションを導入しています。中小企業は、脅威の検出と対応システムの利点を認識するようになってきています。さらに、大規模な新興企業の増加により、予測期間中にXDRソリューションとサービスの需要が高まると予想されます。

 

2021年には北米が市場を支配し、世界収益シェアの40%近くを占めています。米国とカナダは、既存のサイバーセキュリティ技術を改善するための研究開発活動への投資の増加により、同地域のXDRソリューションの主要市場となっています。また、英国、ドイツ、フランスなどの国々では、脅威の検出と対応ソリューションに対する需要が高いため、ヨーロッパ市場も大幅に増加しています。

 

アジア太平洋地域のXDR市場は、日本や中国における技術革新の進展により、最も魅力的な地域市場になると予想されます。IT支出の増加と情報漏えいの増加が、この地域の市場成長を促進する主な要因となっています。GSM協会によると、アジア太平洋地域は、接続数の点で最大のIoT市場です。そのため、IoTデバイス、クラウド、電子メール、オンプレミスサーバーなど、組織全体のデータを保護するために、XDRソリューションの需要が高まると予想されます。

 

主要企業および市場シェアの洞察

 

2021年に世界のXDR市場を支配した主要企業は、McAfee, LLC、Trend Micro Incorporated.、Microsoft、Palo Alto Networks、Cybereason、Broadcom、Cynet、およびSentinelOneなどです。これらのプレイヤーは、新製品開発、コラボレーション、M&Aなどの成長戦略を実施することで、市場での存在感を高めることに注力しています。これらの戦略は、市場プレイヤーの地理的拡大や未開拓市場への参入をさらに後押ししています。

 

例えば、サイネットは2020年9月に、拡張された検知と対応を特徴とする新世代の自律型侵害防止プラットフォーム「Cynet 360 Version 4.0」を発表しました。2020年6月、Atos SEは、グローバルサイバーセキュリティサービスを強化するため、Paladionの買収に合意したことを発表しました。Atos SEとPaladionは、両社の専門知識を組み合わせることで、マルチクラウドとハイブリッドによるTransformation Strategies For Their Businessを採用するエンドユーザーが必要とするXDR能力を構築するためのビジネス知識資産と技術をもたらすと期待されています。世界の拡張検知・応答市場の有力企業には、以下のような企業があります。

 

マカフィー、LLC

 

トレンドマイクロ株式会社(Trend Micro Incorporated)

 

マイクロソフト

 

パロアルトネットワークス

 

サイベリーズン

 

ブロードコム

 

サイネット

 

SentinelOne

 

【目次】

 

第1章. 方法論と範囲
1.1. 市場細分化およびスコープ
1.2. 情報調達
1.2.1. 購入したデータベース
1.2.2. GVRの内部データベース
1.2.3. セカンダリーソースと第三者の視点
1.2.4. プライマリーリサーチ
1.3. 情報分析
1.4. 市場形成とデータの可視化
1.5. データの検証・公開

 

第2章. エグゼクティブサマリー

 

第3章. 拡張検知・応答市場の変数、トレンド、スコープ
3.1. 普及と成長のプロスペクトマッピング
3.2. 産業バリューチェーン分析
3.3. マーケットダイナミクス
3.3.1. マーケットドライバー分析
3.3.2. 市場の課題分析
3.4. 事業環境分析ツール
3.4.1. 産業分析 – ポーターズ
3.4.2. PEST分析
3.5. 企業市場ランキング分析、2020年

 

第4章 拡張検知応答市場 拡張された検知と応答市場 コンポーネントの展望
4.1. 市場規模の推定と予測、トレンド分析、2018年~2030年(売上高、USD Million)
4.2. ソリューション
4.2.1. 地域別市場規模推計・予測、2018年~2030年(売上高、USD百万円)
4.3. サービス
4.3.1. 地域別市場予測・推計、2018年~2030年(売上高、USD百万円)

 

第5章 拡張検知応答市場 拡張された検出と応答市場 デプロイメントタイプの展望
5.1. 2018年~2030年の市場規模推定・予測およびトレンド分析(収益、USD百万ドル)
5.2. クラウド
5.2.1. 地域別市場規模推計・予測、2018年~2030年(売上高、USD Million)
5.3. オンプレミス
5.3.1. 地域別市場予測・推計、2018年~2030年(売上高、USD Million)

 

第6章. 拡張された検出と応答市場 アプリケーションの展望
6.1. 2018年~2030年の市場規模推定・予測およびトレンド分析(収益、USD百万ドル)
6.2. 大企業
6.2.1. 地域別市場規模推計・予測、2018年~2030年(売上高、USD百万ドル)
6.3. 中小企業
6.3.1. 地域別市場予測・推計、2018年~2030年(売上高、USD百万円)

 

第7章. 拡張された検出と応答市場 地域別展望
7.1. 拡張検知・応答市場、地域別、2021年&2030年
7.2. 北米
7.2.1. コンポーネント別市場予測・推計、2018年~2030年(売上高、USD Million)
7.2.2. 展開タイプ別市場予測・推計、2018年~2030年(売上高、USD百万円)
7.2.3. アプリケーション別市場予測・推計、2018年~2030年(売上高、USD百万ドル)
7.2.4. 米国
7.2.4.1. コンポーネント別市場予測・推計、2018年〜2030年(売上高、USD百万円)
7.2.4.2. 展開タイプ別市場予測・推計、2018年~2030年(USD Million)
7.2.4.3. アプリケーション別市場予測・推計、2018年〜2030年(USD Million)
7.2.5. カナダ
7.2.5.1. コンポーネント別市場予測・推計、2018年〜2030年(USD Million)
7.2.5.2. 展開タイプ別市場予測・推計、2018年~2030年(USD Million)
7.2.5.3. アプリケーション別市場予測・推計、2018年~2030年(USD Million)
7.3. 欧州
7.3.1. コンポーネント別市場推定・予測、2018年〜2030年(売上高、USD Million) 7.3.2.
7.3.2. 展開タイプ別市場予測・推計、2018年~2030年(売上高、USD百万円)
7.3.3. アプリケーション別市場推定・予測、2018年~2030年(売上高、USD百万ドル)
7.3.4. 英国(U.K.
7.3.4.1. コンポーネント別市場予測・推計、2018年〜2030年(売上高、USD百万円)
7.3.4.2. 展開タイプ別市場予測・推計、2018年~2030年(USD Million)
7.3.4.3. アプリケーション別市場予測・推計、2018年〜2030年(USD Million)
7.3.5. ドイツ
7.3.5.1. コンポーネント別市場予測・推計、2018年〜2030年(USD百万円)
7.3.5.2. 展開タイプ別市場予測・推計、2018年~2030年(USD Million)
7.3.5.3. アプリケーション別市場予測・推計、2018年~2030年(USD Million)
7.4. アジア太平洋地域
7.4.1. コンポーネント別市場予測・推計、2018年〜2030年(売上高、USD百万ドル)
7.4.2. 展開タイプ別市場予測・推計、2018年~2030年(売上高、USD百万円)
7.4.3. アプリケーション別市場推定・予測、2018年~2030年(売上高、USD百万ドル)
7.4.4. 中国
7.4.4.1. コンポーネント別市場予測・推計、2018年〜2030年(USD百万円)
7.4.4.2. 展開タイプ別市場予測・推計、2018年~2030年(USD Million)
7.4.4.3. アプリケーション別市場予測・推計、2018年〜2030年(USD Million)
7.4.5. インド
7.4.5.1. コンポーネント別市場予測・推計、2018年〜2030年(USD百万円)
7.4.5.2. 展開タイプ別市場予測・推計、2018年~2030年(USD Million)
7.4.5.3. アプリケーション別市場予測・推計、2018年~2030年(USD Million)
7.4.6. 日本
7.4.6.1. コンポーネント別市場予測・推計、2018年〜2030年(USD Million)
7.4.6.2. 展開タイプ別市場予測・推計、2018年~2030年(USD Million)
7.4.6.3. アプリケーション別市場予測・推計、2018年~2030年(USD Million)
7.5. ラテンアメリカ
7.5.1. コンポーネント別市場予測・推計、2018年〜2030年(売上高、USD Million)
7.5.2. 展開タイプ別市場予測・推計、2018年~2030年(売上高、USD百万円)
7.5.3. アプリケーション別市場推定・予測、2018年~2030年(売上高、USD百万ドル)
7.5.4. ブラジル
7.5.4.1. コンポーネント別市場予測・推計、2018年〜2030年(USD百万円)
7.5.4.2. 展開タイプ別市場予測・推計、2018年~2030年 (USD百万円)
7.5.4.3. アプリケーション別市場予測・推計、2018年 – 2030年(USD Million)
7.5.5. メキシコ
7.5.5.1. コンポーネント別市場予測・推計、2018年〜2030年(USD百万円)
7.5.5.2. 展開タイプ別市場予測・推計、2018年~2030年(USD百万円)
7.5.5.3. アプリケーション別市場予測・推計、2018年~2030年(USD Million)
7.6. 中東・アフリカ
7.6.1. コンポーネント別市場予測・推計、2018年〜2030年(売上高、USD Million)
7.6.2. 展開タイプ別市場予測・推計、2018年~2030年(売上高、USD百万円)
7.6.3. アプリケーション別市場推計・予測、2018年~2030年(収益、USD百万ドル)

 

第8章 競争環境 競合他社の状況
8.1. ビットディフェンダー
8.1.1. 会社概要
8.1.2. 財務実績
8.1.3. 製品ベンチマーク
8.1.4. 最近の開発状況
8.2. ブロードコム
8.2.1. 会社概要
8.2.2. 業績
8.2.3. 製品ベンチマーク
8.2.4. 最近の動向
8.3. サイネット
8.3.1. 会社概要
8.3.2. 業績
8.3.3. 製品ベンチマーク
8.3.4. 最近の動向
8.4. サイベリーズン
8.4.1. 会社概要
8.4.2. 業績
8.4.3. 製品ベンチマーク
8.4.4. 最近の動向
8.5. フィデリス・サイバーセキュリティ
8.5.1. 会社概要
8.5.2. 財務実績
8.5.3. 製品ベンチマーク
8.5.4. 最近の動向
8.6. マカフィー・エルエルシー
8.6.1. 会社概要
8.6.2. 業績
8.6.3. 製品ベンチマーク
8.6.4. 最近の動向
8.7. マイクロソフト
8.7.1. 会社概要
8.7.2. 業績
8.7.3. 製品ベンチマーク
8.7.4. 最近の動向
8.8. パロアルトネットワークス
8.8.1. 会社概要
8.8.2. 財務実績
8.8.3. 製品ベンチマーク
8.8.4. 最近の動向
8.9. レッドピラニアリミテッド
8.9.1. 会社概要
8.9.2. 業績
8.9.3. 製品ベンチマーク
8.9.4. 最近の動向
8.10. ソフォス
8.10.1. 会社概要
8.10.2. 業績
8.10.3. 製品ベンチマーク
8.10.4. 最近の開発状況
8.11. SentinelOne
8.11.1. 会社概要
8.11.2. 業績
8.11.3. 製品ベンチマーク
8.11.4. 最近の動向

 

【お問い合わせ・販売サイト】
www.globalresearch.co.jp/contact
商品コード:GVR-4-68038-304-1