世界の水力発電市場:容量別、用途別(電気&電気機械)、地域別分析、2021-2028年

Stratistics MRCによると、世界の水力発電市場は2021年に778億1000万ドルを占め、2028年には1083億9000万ドルに達すると予測され、予測期間中にCAGR4.8%で成長する見込みです。水力発電は、高速で流れる水や落下する水のエネルギーから抽出される電力やエネルギーの一種です。水力発電は、水の力を利用するため、再生可能エネルギーとして知られています。水力発電は、既知のエネルギー源の中で最も変換率の高いものの一つです。水力発電が実現すれば、何百万人もの人々がエネルギーを利用することができるようになります。また、安定した、信頼できる、安価なエネルギー供給は、経済の発展や世界の貧困の撲滅に不可欠です。

政府の支援による新しい水力発電プロジェクトの増加や、信頼性の高い電力に対する需要の高まりといった要因が、予測期間中に市場を牽引するものと思われます。

水力発電プロジェクトは環境に深刻な影響を与えるため、予測期間中は市場拡大の妨げになると考えられています。しかし、多額の資本支出や運営費の必要性、事業化期間の長期化などの問題が、今後の市場拡大を阻害する可能性があります。

今後数年間は、水力発電を促進するための新たな技術開発によって、市場価値の大幅な向上が期待されます。安全性に関する懸念や、最新技術の開発、代替製品の発売が、世界市場に課題をもたらす可能性があります。

大規模水力発電は、水の流れを利用して大型の水車を駆動させる再生可能エネルギー発電の一種です。都市部で大量の水力発電を行うためには、湖や貯水池、ダムなどに水を貯め、発電や灌漑、生活用水や工業用水として利用できるよう調整する必要があります。大規模な水力発電施設は簡単にオン・オフできるため、一日の電力需要のピークを満たすために、水力発電は他の多くのエネルギー源よりも信頼性が高くなっている。
大規模水力発電所には、在来型水力ダム、揚水発電所、流水発電所など、さまざまなタイプがあり、世界中に存在している。

太陽光や風力といった再生可能エネルギーの予測は難しいため、揚水発電を利用することで、火力発電所のような環境にやさしくない代替エネルギー源を使用せずに、地域に24時間電力を供給することが可能になるのです。この用途は、この地域の国々で利用されており、このセグメントの成長を助けると期待されています。

アジア太平洋地域は、農村部の電化とオフグリッドエネルギー生成への投資により、最大の市場シェアを占めると予測されます。中国、ベトナム、インドは世界で最も急速に経済が成長している国であり、主にアジア太平洋地域の市場に貢献しています。水力発電大国以外にも、東南アジアの小国が大規模な水力発電の開発を大きく進めています。

北米は、水力発電所への投資の増加と再生可能エネルギー需要の増加により、最も高いCAGRが予測されます。米国はこの地域で最大の水力発電の利用国であり、揚水発電のような最新の水力エネルギー貯蔵システムのかなりの利用国でもあります。政府は、同国の水力発電設備の容量を増やすよう推進しています。

市場の主要企業

水力発電市場の主要企業には、GE、ABB Ltd、三菱重工業、Tata Power Corporation、Andritz AG、Voith Group、Georgia Power、Duke Energy、MidAmerican Energy Holdings Company、オンタリオ電力、ネパール電力公社、BC Hydro、Acciona Energia, S.A, Statkraft, Axpo等が挙げられます。

主な展開

2020年10月に。Axpoは、Kraftwerke Sarganserlandの発電所の修理、点検、メンテナンスがアナログではなくデジタルで行われることを発表しました。スイス初のデジタル水力発電所は、360度のアプローチに従い、デジタルプロセスを完全に統合しています。

2020年5月に Voithとアイスランドの国営電力会社Landsvirkjunは、水力発電所における革新的なキャビテーション監視に関する共同パイロットプロジェクトに乗り出しました。この技術グループは、アイスランドのブダルハルス水力発電所に、OnCare.Health Hydroコンディショニングモニタリングのアドオン機能である発明的なシステムを設置しました。

2019年7月:GEリニューアブル・エナジーは、エナジー社との最近の提携に続き、マイクロ水力発電用のモジュラー・タービンの提供を開始しました。マイクロ水力発電ユニットは、10kWと15kWのサイズが用意され、組み合わせることで最大1MWのソリューションを提供できるようになった。

対象となるプラントの種類
– 揚水式水力発電(PSH)
– 貯留式(リザーバーベース)
– 流水型(動水力)技術
– 河川遡上(RoR)
– インパウンドメント

対象容量
– マイクロ水力発電とピコ水力発電
– ミニ水力発電
– 小型水力発電
– 大型水力発電

対象となるアプリケーション
– 電気・電子機械機器
– 電力インフラ
– 土木建築

対象となるエンドユーザー
– 家庭用
– 産業用
– 商業
– ユーティリティ

対象地域
– 北米
o 米国
o カナダ
o メキシコ
– ヨーロッパ
o ドイツ
o 英国
o イタリア
o フランス
o スペイン
o その他のヨーロッパ
– アジア太平洋地域
o 日本
o 中国
o インド
o オーストラリア
o ニュージーランド
o 韓国
o その他のアジア太平洋地域
– 南米
o アルゼンチン
o ブラジル
o チリ
o 南米のその他
– 中東・アフリカ
o サウジアラビア
o UAE
o カタール
o 南アフリカ
o その他の中東・アフリカ地域

 

【目次】

1 エグゼクティブサマリー

2 前書き
2.1 概要
2.2 ステークホルダー
2.3 調査範囲
2.4 調査方法
2.4.1 データマイニング
2.4.2 データ分析
2.4.3 データの検証
2.4.4 リサーチアプローチ
2.5 リサーチソース
2.5.1 一次調査資料
2.5.2 セカンダリーリサーチソース
2.5.3 前提条件

3 市場トレンドの分析
3.1 はじめに
3.2 ドライバ
3.3 制約
3.4 オポチュニティ
3.5 脅威
3.6 アプリケーション分析
3.7 エンドユーザー分析
3.8 新興国市場
3.9 Covid-19の影響

4 ポーターズファイブフォース分析
4.1 供給者のバーゲニングパワー
4.2 バイヤーの交渉力
4.3 代替品の脅威
4.4 新規参入者の脅威
4.5 競合他社との競争

5 水力発電の世界市場(発電所タイプ別
5.1 はじめに
5.2 揚水式水力発電(PSH)
5.3 貯留式(リザーバーベース)
5.4 流水式(ハイドロキネティック)技術
5.5 河川流出(RoR)
5.6 インパウンドメント

6 水力発電の世界市場(容量別
6.1 導入
6.2 マイクロ水力発電とピコ水力発電
6.3 ミニ水力発電
6.4 小型水力発電
6.5 大型水力発電

7 水力発電の世界市場、用途別
7.1 はじめに
7.2 電気・電子機械機器
7.3 電力インフラ
7.4 土木建設

8 水力発電の世界市場:エンドユーザー別
8.1 はじめに
8.2 住宅用
8.3 産業用
8.4 商業用
8.5 ユーティリティ

9 水力発電の世界市場、地域別
9.1 はじめに
9.2 北米
9.2.1 米国
9.2.2 カナダ
9.2.3 メキシコ
9.3 欧州
9.3.1 ドイツ
9.3.2 イギリス
9.3.3 イタリア
9.3.4 フランス
9.3.5 スペイン
9.3.6 その他ヨーロッパ
9.4 アジア太平洋地域
9.4.1 日本
9.4.2 中国
9.4.3 インド
9.4.4 オーストラリア
9.4.5 ニュージーランド
9.4.6 韓国
9.4.7 その他のアジア太平洋地域
9.5 南米
9.5.1 アルゼンチン
9.5.2 ブラジル
9.5.3 チリ
9.5.4 南米その他
9.6 中東・アフリカ
9.6.1 サウジアラビア
9.6.2 UAE
9.6.3 カタール
9.6.4 南アフリカ
9.6.5 その他の中東・アフリカ地域

10 主要開発品目
10.1 合意、パートナーシップ、コラボレーション、ジョイントベンチャー
10.2 買収と合併
10.3 新製品上市
10.4 拡張
10.5 その他の主要戦略

11 企業プロファイリング
11.1 ゼネラル・エレクトリック
11.2 ABB Ltd.
11.3 三菱重工業(株)
11.4 タタ・パワー・コーポレーション
11.5 アンドリッツ
11.6 ヴォイスグループ
11.7 ジョージア・パワー
11.8 デューク・エナジー
11.9 ミッドアメリカン・エナジー・ホールディングス・カンパニー
11.10 オンタリオ州電力公社(Ontario Power Generation
11.11 ネパール電力公社
11.12 BC ハイドロ
11.13 アクシオナ・エネルギア・エスエー
11.14 スタットクラフト
11.15 Axpo

【お問い合わせ・ご購入サイト】
www.globalresearch.jp/contact
資料コード:SMRC21341