世界の産業用ロボット市場は、ロボット採用の増加に伴い、2028年に698億9000万ドルに達すると予想

Stratistics MRCによると、産業用ロボットの世界市場は2021年に262億8000万ドルを占め、2028年には698億9000万ドルに達すると予測され、予測期間中にCAGR15.0%で成長しています。産業用ロボットは、製造業で使用されるロボットシステムです。産業用ロボットは、自動化され、プログラム可能で、3軸以上の動きをすることができます。簡単に言えば、危険な作業や反復作業を高い精度で行うために、人の代わりに使用されるプログラム可能な機械的装置です。製造業における溶接、塗装、組立、プリント基板のピックアンドプレース、包装、ラベリング、パレタイジング、製品検査、テストなど、さまざまな用途向けに特別に設計されています。

 

経済全体にわたって需要が増加し、製品メーカーは、反復的なプロセスのいくつかを自動化するためにロボットを採用しています。Robotic Industries Associationによると、米国だけでも25万台以上の産業用ロボットが設置されており、産業用ロボットの普及を推定することができます。産業用ロボット市場は、過去10年間、大きな需要がありました。これは、スマート工場システムの導入が進んでいるためで、これらのロボットは重要な役割を担っています。最新の産業革命であるインダストリー4.0は、協働ロボットやAI対応ロボットなどの新技術の開発を促進し、産業界がロボットを使用して多くのプロセスを合理化し、効率を高め、エラーをなくすことを可能にしました。職場の安全性の向上と生産能力の改善が、産業界にロボットシステムへの投資をさらに促しています。

 

産業用ロボットのコストは、統合コストやエンドイフェクターやビジョンシステムなどの周辺機器のコストと相まって、中小企業、特に少量生産に従事している企業にとって、自動化はコストのかかる投資となります。ロボットによる自動化プロジェクトは、特に未経験の企業にとっては困難なものです。ロボットの購入だけでなく、統合、プログラミング、メンテナンスにも高い設備投資が必要です。場合によっては、カスタム・インテグレーションが必要となり、全体のコストをさらに押し上げる可能性があります。企業はロボットを導入するために必要なスペースやインフラを常に持っているとは限りません。中小企業は一般的に少量生産に従事しているため、投資収益率(ROI)が困難な場合がある。季節的な生産スケジュールや不安定な生産スケジュールを抱える企業が存在することも、この問題をさらに際立たせています。消費者の嗜好が急速に変化する中、製品は平均して1年ごとに更新されるため、ロボットの頻繁な再プログラミングが必要になります。また、過剰な自動化も問題です。例えば、米国の自動車産業は当初、日本の自動車産業に比べて高度な自動化を採用していました。その結果、製品ラインや消費者ニーズが変化し、多くのロボットが不要になったり、時代遅れになったりして、コスト超過につながったのです。

 

ロボットへの投資は、最終検査や品質管理といった重要度の高い作業に集中できるため、作業者に課される要求を変えることができます。また、人と一緒に作業する協働型ロボットは、既存の生産ラインに組み込むことができます。自動化が進めば、エレクトロニクス企業は、より少ない時間と資本で試作品を作ることができるようになり、さらなるイノベーションが可能になります。ロボットは、組立、分注、加工、検査、梱包、パレタイズなどの工程で、生産サイクル全体にわたって使用することができます。例えば、ビンのランダムピッキングでは、ロボットがビンから分類されていない部品を取り出し、必要な向きに装着することができます。現在、エレクトロニクス産業の工場では、手作業による組み立てやツーリングなど、反復的で冗長な作業が中心となっています。ロボットはプログラミングが容易なため、特定の用途で使用した後、別の作業に再プログラミングすることが可能です。エレクトロニクスの製品サイクルは数カ月しかないことが多いため、ロボットは柔軟性と再利用性を提供します。

 

特に中小企業では、独自の要件があり、複雑なオートメーションのセットアップを行う人材がいないため、相互運用性の問題は大きな課題となっています。様々なオートメーションシステムを接続し、調整するためには、ハードウェアとソフトウェアの両方にモジュラーフレームワークが存在する必要があります。相互運用性は、どの工場や製造ユニットにおいても重要な機能です。ここで注目すべきは、プログラミング、診断、モニタリングに使用されるソフトウェアです。産業界では、異なるメーカーのロボットアームを使用することは珍しくありません。また、生産量や需要の変化、ビジョンシステムやエンドイフェクターなどの異なる部品に対応するため、ロボットの再プログラミングが必要になることもあります。ロボットの実装やセットアップ、プログラミングを決定するのは、メーカーやエンドユーザーではなく、インテグレーターの責任となります。

従来型産業用ロボット分野は、有利な成長を遂げると推測されます。従来型の産業用ロボットは、ここ10年でようやく普及し始めた協働型ロボットよりもずっと長い間存在しています。大量生産に適しており、自動車産業などの主要産業において生産性を向上させるための基盤となっています。従来の産業用ロボットは、産業特有の用途に合わせて様々なタイプが設計されています。自動車、エレクトロニクス、金属などの業界では、生産工程の自動化が必須であるため、これらのロボットが主に使用されています。スカラロボットは動作速度に優れているため、世界中の電気・電子産業の製造工程でより多く使用されています。パラレルロボットは、高精度な組立用途に適しています。産業用ロボットは、多様な用途に対応でき、可搬重量も様々であることから、予測期間中は従来型ロボットが最大の市場シェアを維持すると予想されます。

 

自動車用ロボットは、予測期間中に最も速いCAGRの成長を目撃すると予想されます。 多関節ロボットは一般的にほとんどの作業に使用されていますが、ポンプやモーターなどの小型部品の組み立てにはパラレルロボットが使用されています。溶接は、自動車産業における産業用ロボットの最初のアプリケーションであり、最も一般的なアプリケーションの1つです。自動車製造では、スポット溶接と塗装のロボットが広範囲に使用されています。スプレー塗装の自動化も、主に有毒ガスから作業者を守るために、組立ラインでよく使用されるアプリケーションです。自動車の製造や組み立てに関わるプロセスの大半は自動化されているため、自動車産業は産業用ロボットを大規模に採用する必要があり、産業用ロボット採用の最大の需要源となっています。

予測期間中、北米が最大の市場シェアを占めると予測されます。ロボット導入の面で主要なイノベーターやパイオニアである北米は、最大の市場の1つです。この地域におけるロボットの利用は拡大を続けており、米国企業の競争力を高め、新たな雇用の拡大につながっています。さらに、Robotic Industries Association(RIA)によると、産業用ロボットの1年間の成長で最も大きな要因は、自動車OEMがプロセスオートメーション用に購入した台数が83%増加したことです。米国は、同様に世界最大の自動車市場の1つであり、13社以上の大手自動車メーカーが存在する国です。自動車製造は、同国の製造業セクターにおける包括的な収益源の1つとなっています。

 

アジア太平洋地域は、近年、高齢者人口が大幅に増加していることから、自動化の需要が高まっており、予測期間中のCAGRが最も高くなると予測されています。協働ロボットに関しては、APAC地域における人件費の高騰により、特に中小企業では製造工程に協働ロボットを導入し、業務の効率化と費用対効果の向上を図る産業用ロボットの導入に傾注しています。台湾やタイなどの他のAPAC諸国も、人件費の上昇に伴い、自動化によるコスト優位性を求めて、自動化の導入に遅れをとっていない。

 

市場の主要企業

 

産業用ロボット市場の主要企業には、ABBグループ、B+M Surface Systems、Boschグループ、Cyberdyne、株式会社デンソー、Doosan Robotics、Durr AG、FANUC、General Electric、川崎重工業株式会社、KUKA、三菱電機株式会社、ナチ不二越株式会社、ノースロップグラマン、Omron Adept、Panasonic Corporation、Seiko、Epson Corporation、Stryker、Yamaha Motor Co, Ltd、Yaskawa Electric Corpなどが挙げられます。

 

主な展開

 

2020年8月、ABBは多関節産業用ロボットIRB 1300の発売を発表しました。このロボットは、重量物や複雑または不規則な形状の荷物を迅速に持ち上げることができる、より高速でコンパクトなロボットに対する顧客の需要に対応するためのものです。

2020年10月、ABBは主に高精度ピックアンドプレース用途に使用されるデルタロボットのリーディングプロバイダーであるコーディアン・ロボティクスの買収を発表しました。コディアン・ロボティクスが提供する製品には、食品・飲料や医薬品など衛生面に配慮した産業に最適なハイジェニックデザインラインが含まれています。この買収により、ABBはデルタロボットの製品ラインアップを拡充することが期待されます。

KUKAは2020年9月に、可搬重量6kgの小型部品組立、マテリアルハンドリング、検査などの用途に優れたスカラロボット「KRスカラ」の新ラインアップを発表しました。このロボットは主にコストに敏感な市場に提供される予定です。

2019年12月、ファナックは使いやすさ、信頼性、安全性の面で新しい基準を打ち立てた協働ロボットCRX-10iAとCRX-10iA/L(ロングアーム版)を発売しました。 ファナックは、12月18日から21日まで東京で開催された「2019 INTERNATIONAL ROBOT EXHIBITION」で新しい協働ロボットを初公開しました。

対象となる構成
– 移動型ロボット
– マウント型ロボット

カバーするペイロード
– 0~20 KG
– 20-80 KG
– 80-300 KG
– 300-1000 KG
– 1000-3000キログラム

対象となるサブシステム
– ソフトウェア
– ロボットマシン
– 周辺機器・システムエンジニアリング

対象となるタイプ
– 従来型産業用ロボット
– 真空ロボット
– レーザー加工ロボット
– 無人搬送車(AGV)
– 協働ロボット
– その他のロボット

対象となる機能
– マテリアルハンドリング
– 加工
– 組立・分解
– 塗布
– はんだ付け・溶接
– フライス加工・研削加工
– その他の機能

対象部品
– モーター
– ロボットアーム
– ロボットアクセサリー
– 追加ハードウェア
– システムエンジニアリング

対象となるエンドユーザー
– 精密工学・光学
– 製薬・化粧品
– 自動車
– 電気・電子
– 金属・機械
– 化学品・ゴム・プラスチック
– 食品・飲料
– 建設機械
– 家庭用電化製品
– 農業
– その他エンドユーザー

対象地域
– 北米
o 米国
o カナダ
o メキシコ
– ヨーロッパ
o ドイツ
o 英国
o イタリア
o フランス
o スペイン
o その他のヨーロッパ
– アジア太平洋地域
o 日本
o 中国
o インド
o オーストラリア
o ニュージーランド
o 韓国
o その他のアジア太平洋地域
– 南米
o アルゼンチン
o ブラジル
o チリ
o 南米のその他
– 中東・アフリカ
o サウジアラビア
o UAE
o カタール
o 南アフリカ
o その他の中東・アフリカ地域

 

 

【目次】

 

1 エグゼクティブサマリー

2 前書き
2.1 概要
2.2 ステークホルダー
2.3 調査範囲
2.4 調査方法
2.4.1 データマイニング
2.4.2 データ分析
2.4.3 データバリデーション
2.4.4 リサーチアプローチ
2.5 リサーチソース
2.5.1 一次調査資料
2.5.2 セカンダリーリサーチソース
2.5.3 前提条件

3 市場トレンドの分析
3.1 はじめに
3.2 ドライバ
3.3 制約
3.4 オポチュニティ
3.5 脅威
3.6 エンドユーザー分析
3.7 新興国市場
3.8 コビド19の影響

4 ポーターズファイブフォース分析
4.1 供給者のバーゲニングパワー
4.2 バイヤーの交渉力
4.3 代替品の脅威
4.4 新規参入者の脅威
4.5 競合他社との競争

5 産業用ロボットの世界市場、構成別
5.1 はじめに
5.2 移動型ロボット
5.3 搭載型ロボット

6 産業用ロボットの世界市場:ペイロード別
6.1 はじめに
6.2 0~20 KG
6.3 20-80キログラム
6.4 80-300 KG
6.5 300-1000 kg
6.6 1000-3000キログラム

7 産業用ロボットの世界市場、サブシステム別
7.1 イントロダクション
7.2 ソフトウェア
7.3 ロボットマシン
7.4 周辺機器・システムエンジニアリング

8 産業用ロボットの世界市場、タイプ別
8.1 はじめに
8.2 従来の産業用ロボット
8.2.1 多関節ロボット
8.2.2 選択的コンプライアンス多関節ロボットアーム(SCARA)ロボット
8.2.3 パラレルロボット
8.2.4 直交ロボット
8.2.5 円筒形ロボット
8.2.6 球体ロボット
8.2.7 スイングアームロボット
8.3 真空ロボット
8.4 レーザー加工ロボット
8.5 無人搬送車(AGV)
8.6 協調型ロボット
8.7 その他ロボット

9 産業用ロボットの世界市場、機能別
9.1 はじめに
9.2 マテリアルハンドリング
9.3 加工
9.3.1 グラインディングとポリッシング
9.3.2 フライス加工
9.3.3 切削加工
9.4 組立・分解
9.5 塗布
9.5.1 接着
9.5.2 塗装
9.5.3 食品ディスペンサー
9.6 ハンダ付け、溶接
9.7 フライス加工、研削加工
9.8 その他の機能
9.8.1 検査・品質試験
9.8.2 ダイカスト、モールド成形

10 産業用ロボットの世界市場、コンポーネント別
10.1 イントロダクション
10.2 モーター
10.3 ロボットアーム
10.4 ロボットアクセサリー
10.4.1 エンドエフェクター
10.4.1.1 溶接ガン
10.4.1.2 グリッパー
10.4.1.2.1 機械式
10.4.1.2.2 電動式
10.4.1.2.3 磁気式
10.4.1.3 ツールチェンジャー
10.4.1.4 クランプ
10.4.1.5 吸引カップ
10.4.1.6 バリ取りツール
10.4.1.7 ミーリング工具
10.4.1.8 ハンダ付け工具
10.4.1.9 塗装工具
10.4.1.10 スクリュードライバ
10.4.2 ドライブユニット
10.4.2.1 油圧駆動装置
10.4.2.2 電気駆動部
10.4.2.3 空気圧駆動装置
10.4.3 コントローラユニット
10.4.4 センサ
10.4.5 視覚システム
10.4.6 電源
10.5 その他のハードウェア
10.5.1 安全フェンス
10.5.2 什器備品
10.5.3 コンベア
10.6 システムエンジニアリング

 

 

【お問い合わせ・ご購入サイト】
www.globalresearch.jp/contact
資料コード:SMRC21357