棘突起間スペーサーの世界市場は、低侵襲デバイスの需要急増に伴い、2031年には1億2,733万ドルの規模に達すると予想

高齢者人口の増加、低侵襲性デバイスの需要急増、製品上市の増加が世界の棘突起間スペーサー市場を牽引しています。椎間板変性症や腰部脊椎障害のリスクは、加齢とともに増加します。腰部脊柱管狭窄症(LSS)は、65歳以上の人が脊椎手術を受ける最も一般的な理由です。棘突起間スペーサー(vertiflex spacer)は、LSSに関連する痛みの治療に使用されます。世界の棘突起間スペーサー市場の主要企業は、棘突起間スペーサーの開発・上市のために研究開発に多額の投資を行っています。ここ数年、世界中で相次いで製品の上市と商品化が行われています。しかし、棘突起間スペーサーを埋め込んだ後の再手術のリスクが高いことが、世界市場を抑制すると予想されています。

 

棘突起間スペーサーの市場概要

 

棘突起間スペーサーは、2つの棘突起間に移植され、神経チャネル間にスペースを作る装置です。この方法は、脊柱管を減圧するために使用される外科的処置に代わる低侵襲手術として使用されます。脊柱管狭窄症は、変形性関節症による背骨の摩耗や損傷によって引き起こされることがほとんどです。脊柱管狭窄症の重症例では、脊髄や神経のためのスペースを確保するために、医師は低侵襲手術を推奨しています。世界保健機関(WHO)や人口統計局(Population Reference Bureau)など様々な機関によると、50歳以上の人口比率は老年人口と比較して安定したペースで増加していることが分かっています。WHOが発表した報告書によると、65歳以上の人口は2012年の6億500万人から、2050年には20億人に増加すると予想されています。さらに、Population Reference Bureau(PRB)は、ヨーロッパやアジア太平洋地域などの老年人口が、出生率の低さから他の先進地域や発展途上地域に比べて急速に増加していることを示唆しています。革新的な製品の発売とその商業化は、世界の棘突起間スペーサー市場を拡大させると予想されます。世界的に、医師や外科医は脊椎の痛みを管理するために低侵襲手術を選ぶようになっています。これらの手術は、脊椎固定術などの従来の手術よりも、腰痛症、椎間板変性症、その他の関連疾患の治療で人気を博しています。

COVID-19の大流行は、世界の棘突起間スペーサー市場にマイナスの影響を与えました。COVID-19が大流行した年に、感染国の政府は必要性のない手術や患者の訪問を延期しました。人工呼吸器、個人用保護具、医療スタッフなど、いくつかのICU設備がCOVID-19の症例に振り向けられ、パンデミックの間、脊椎手術が中断されることになったのです。このため、緊急性のない手術や治療が大幅に減少し、脊椎の疼痛管理におけるvertiflex spacersの使用も制限されました。主要企業は、パンデミックによる収益の減少を報告し、棘突起間スペーサー市場の前年比市場シェアが減少した。しかし、世界各国による規制緩和により、COVID-19から市場は回復しています。

2021年の棘突起間スペーサーは、静的セグメントが主要な市場シェアを占めています。静的スペーサーの低コスト化、製品の上市、有利な償還政策により、予測期間中に同セグメントが増強されると予測される。例えば、2022年4月、医療機器会社であるSpinal Simplicityは、Minuteman G5インプラントの発売を発表しています。Minutemanは、骨融合が起こるのを待つ間、胸椎、腰椎、仙骨の固定と安定化を目的とした低侵襲の棘突起間固定装置である。静的棘突起間スペーサーは、低コストであるなどの利点から、外科医の主な選択肢となっています。X STOPが米国食品医薬品局(FDA)から承認されて以来、世界中で11,000個以上のX STOPインプラントが挿入されたと報告されています。

適応症の観点からは、腰部脊柱管狭窄症分野が予測期間中に世界市場を支配すると予測されます。高齢者人口の増加、60歳以上の人口における腰部脊柱管狭窄症の高い有病率、低侵襲手術の高い採用率が、予測期間中に同セグメントを牽引する要因となっているようです。例えば、米国では25万人から50万人が脊柱管狭窄症の症状を患っていると言われています。これは、65歳以上の高齢者の約1,000人に1人、50歳以上の高齢者の1,000人に5人が脊柱管狭窄症に罹患していることを示しています。65歳以上の高齢者が脊椎の手術を受ける際の術前診断として、LSSが上位に挙げられています。国連の報告によると、中国では約1億2800万人が60歳以上であり、これは日本の全人口よりも多い。2050年末には、中国の60歳以上の高齢者は約4億人に達する可能性があります。したがって、老年人口の急増がLSSの有病率を高める可能性があります。

北米は、予測期間中、世界市場の中で非常に有利な地域となると予測されています。同地域は、2021年の世界市場で最大のシェアを占めています。変性椎間板障害や脊柱管狭窄症の有病率の高さ、技術先進国の存在が、北米の市場を推進する要因となっています。米国は北米市場を支配しており、椎間板変性症患者の多さと棘突起間スペーサーデバイスに対する有利な償還制度により、予測期間中も主導的地位を維持すると予想されます。また、老年人口におけるLSSの増加が、米国における棘突起間スペーサーの需要を促進しています。

2021年の棘突起間スペーサー市場は、欧州が2番目に大きい市場です。有利な規制・償還シナリオ、製品の承認、大規模な老年人口と脊椎障害者の存在が、同地域の棘突起間スペーサー市場を推進しそうです。

アジア太平洋地域の市場は、日本や中国などの国々における高齢者人口の増加、LSSや椎間板変性症の高い発生率、一人当たりの所得増加、医療インフラの改善などにより、予測期間中に著しく高いCAGRで成長すると予測されます。また、新興国における医療費の増加や、主要企業による棘突起間スペーサー市場への投資の増加が、同地域の市場を促進すると予想されます。

棘突起間スペーサー市場レポートには、世界市場で事業を展開する主要企業に関する重要な情報が含まれています。企業は、市場での地位を強化するために、製品の発売、売却、合併・買収(M&A)、パートナーシップなどの戦略に注力しています。Medtronic、NuVasive、Paradigm Spine(RTI Surgical)、Zimmer Biomet、Vertiflex、Life Spine、Globus Medical、Inc.などが世界市場で事業を展開する有力企業である。

 

棘突起間スペーサーの世界市場における主な展開

 

2022年4月、医療機器メーカーであるSpinal Simplicity社は、Minuteman G5インプラントの発売を発表しました。Minutemanは、骨癒合の発生を待つ間、胸椎、棘突起間、仙骨の固定と安定化を目的とした低侵襲な棘突起間固定装置です。両側のグリッププレートを介して棘突起で非頸椎後部に装着するように設計されています。デバイス内に骨移植材を配置して使用することを想定しています。
2021年12月、スパインウェーブは、前頚椎固定術の固定を行うチタン製プレートとスクリューシステムである「ディフェンダー前頚椎プレート」の発売を発表した
2019年6月、ボストン・サイエンティフィック・コーポレーションは、Vertiflex, Inc.の買収を発表しました。この買収により、ボストン・サイエンティフィック・コーポレーションは疼痛管理製品のポートフォリオを拡大した。
2019年5月、Globus Medicalは、独立したロッキングプレートを備えた低侵襲の拡張可能な棘突起間固定システムであるAERIALの発売を発表した
棘突起間スペーサー市場におけるこれらの各プレイヤーは、会社概要、財務概要、事業戦略、製品ポートフォリオ、事業セグメント、最近の開発などのパラメータに基づいて、本レポートで紹介されています。

 

 

【目次】

 

1. はじめに

1.1. 市場の定義と範囲

1.2. 市場細分化

1.3. 主な調査目的

1.4. リサーチハイライト

2. 前提条件と調査方法

3. エグゼクティブサマリー:棘突起間スペーサーの世界市場

4. 市場概要

4.1. はじめに

4.1.1. 製品種類別定義

4.1.2. 業界の進化・発展

4.2. 概要

4.3. 市場ダイナミクス

4.3.1. ドライバ

4.3.2. 抑制要因

4.3.3. 機会

4.4. 脊椎間スペーサーの世界市場分析・予測、2022-2031年

4.4.1. 市場収益予測(US$ Mn)

5. 市場の展望

5.1. 世界の主要国での疾患有病率・発症率

5.2. 主要製品・ブランドの分析

5.3. トッププレーヤーが採用する戦略の概要

6. 脊椎間スペーサーの世界市場分析・予測:スペーサータイプ別

6.1. 導入と定義

6.2. 主な調査結果/開発状況

6.3. 市場価値予測、スペーサタイプ別、2022-2031年

6.3.1. 静的(圧縮性)スペーサー

6.3.2. 動的(非圧縮性)スペーサー

6.4. 市場魅力度分析(スペーサタイプ別

7. 脊椎間スペーサーの世界市場分析・用途別予測

7.1. 導入と定義

7.2. 主な調査結果/開発状況

7.3. 市場価値予測、用途別、2022-2031年

7.3.1. 腰部脊柱管狭窄症

7.3.2. 椎間板変性症

7.3.3. その他

7.4. 市場魅力度分析、用途別

8. 脊椎間スペーサーの世界市場分析・予測、エンドユーザー別

8.1. 導入と定義

8.2. 主な調査結果/開発状況

8.3. 市場価値予測(エンドユーザー別)、2022-2031年

8.3.1. 病院

8.3.2. 外来手術センター

8.3.3. 整形外科クリニック

8.4. 市場魅力度分析、エンドユーザー別

9. 脊椎間スペーサーの世界市場分析・予測、地域別

9.1. 主な調査結果

9.2. 市場価値予測(地域別

9.2.1. 北米

9.2.2. 欧州

9.2.3. アジア太平洋

9.2.4. ラテンアメリカ

9.2.5. 中東・アフリカ

9.3. 市場魅力度分析(小地域別

10. 北米の脊椎間スペーサー市場の分析と予測

10.1. はじめに

10.1.1. 主な調査結果

10.2. 市場価値予測(スペーサータイプ別、2022-2031年

10.2.1. 静的(圧縮性)スペーサー

10.2.2. 動的(非圧縮性)スペーサー

10.3. 市場価値予測(用途別)2022-2031年

10.3.1. 腰部脊柱管狭窄症

10.3.2. 椎間板変性症

10.3.3. その他

10.4. 市場価値予測(エンドユーザー別)、2022-2031年

10.4.1. 病院

10.4.2. 外来手術センター

10.4.3. 整形外科クリニック

10.5. 市場価値予測、国別、2022-2031年

10.5.1. 米国

10.5.2. カナダ

10.6. 市場魅力度分析

10.6.1. スペーサータイプ別

10.6.2. 用途別

10.6.3. エンドユーザー別

10.6.4. 国別

 

 

 

【お問い合わせ・ご購入サイト】
www.globalresearch.jp/contact
資料コード:TMRGL16439