医療用ガスの世界市場:製品別、用途別、最終用途別、地域別-予測および分析(2022年~2028年)

 

市場の概要

 

世界の医療用ガス市場規模は、2022年に136億米ドルに達しました。今後、IMARCグループは、2023年から2028年の間に7.3%の成長率(CAGR)を示し、2028年までに209億米ドルに達すると予測しています。

医療用ガスは、手術室、プレコミュ、回復室、デブリードメント室、産婦人科病棟、集中治療室(ICU)病棟、一般病棟など、病院やその他の医療施設の機能において極めて重要な役割を担っています。一般に、酸素、窒素、亜酸化窒素、アルゴン、ヘリウム、二酸化炭素(CO2)、圧縮空気などが含まれ、治療、麻酔、医療機器や道具の駆動など、さまざまな医療行為に利用されます。これらは、汚染、粒子、油分、臭気を含まず、乾燥した状態でシリンダーや中央供給源から配管ネットワークを通じて供給されます。

コロナウイルス感染症(COVID-19)の大流行により、呼吸困難の患者さんに安全で効率的な治療法である酸素ガスが緊急に必要とされるようになりました。このため、各国政府は医療用酸素ガスの輸入・製造に力を入れ、COVIDセンターへの安定した供給体制を整えています。さらに、酸素などの医療用ガスは、肺炎、マラリア、敗血症、髄膜炎など、特定の健康状態の治療に使用されます。また、肺炎やマラリア、敗血症、髄膜炎など、特定の病気の治療にも酸素などの医療用ガスが使われており、これらの病気にかかる人が増えていることも、成長を促す要因になっています。また、医療行為で命の危険にさらされる子供や母親には、呼吸を楽にするために医療用酸素が投与されることが多くなっています。さらに、癌の増加や外科手術の必要性から、血液や組織などの生体試料を凍結保存し、皮膚科や冷凍外科で病変組織を破壊するための極低温物質として、液体窒素の需要が高まっています。さらに、医療用高級ガスや混合ガスの導入が市場を牽引すると予想されています。

IMARC Groupは、医療用ガスの世界市場レポートの各サブセグメントにおける主要トレンドの分析、2023年から2028年までの世界、地域、国レベルでの予測を提供しています。当レポートでは、ガスタイプ、用途別、エンドユーザー別に市場を分類しています。

ガスタイプ別の内訳

ピュアガス
医療用空気
医療用酸素
亜酸化窒素
窒素
二酸化炭素(Carbon Dioxide
ヘリウム
混合ガス
好気性混合ガス
嫌気性ガス混合
血液ガス混合
肺拡散用混合ガス
医療用レーザー混合ガス
医療用薬物ガス混合
その他

用途別構成比:

治療用
診断薬
バイオ・製薬
その他

エンドユーザー別内訳

病院
在宅医療
学術・研究機関

地域別構成比

北米
米国
カナダ
アジア・パシフィック
中国
日本
インド
韓国
オーストラリア
インドネシア
その他
欧州
ドイツ
フランス
イギリス
イタリア
スペイン
ロシア
その他
中南米
ブラジル
メキシコ
その他
中近東・アフリカ

 

競合環境

 

エアープロダクツ&ケミカルズ社、エアガス社(エア・リキード社)、エレンバリー社、リンデ社、マセソントライガス社(三菱ケミカルホールディングス社)、メッサーグループ社、SCIアナリティカルラボラトリーズ社、シャルジャ酸素社、SOLスパなどの主要企業のプロファイルと共に、業界の競争環境も検証しています。

 

 

【目次】

 

1 序文
2 調査範囲と方法論
2.1 調査の目的
2.2 ステークホルダー
2.3 データソース
2.3.1 一次資料
2.3.2 セカンダリーソース
2.4 市場規模の推計
2.4.1 ボトムアップ・アプローチ
2.4.2 トップダウンアプローチ
2.5 予測方法
3 エグゼクティブサマリー
4 はじめに
4.1 概要
4.2 主要な産業動向
5 医療用ガスの世界市場
5.1 市場概要
5.2 市場パフォーマンス
5.3 COVID-19の影響
5.4 市場予測
6 ガスタイプ別市場構成
6.1 純粋ガス
6.1.1 市場動向
6.1.2 主要セグメント
6.1.2.1 医療用空気
6.1.2.2 医療用酸素
6.1.2.3 亜酸化窒素
6.1.2.4 窒素
6.1.2.5 二酸化炭素
6.1.2.6 ヘリウム
6.1.3 市場予測
6.2 ガス混合物
6.2.1 市場動向
6.2.2 主要セグメント
6.2.2.1 好気性ガスミクスチャー
6.2.2.2 嫌気性ガス混合物
6.2.2.3 血液ガス混合物
6.2.2.4 肺拡散ミクスチャー
6.2.2.5 医療用レーザー混合ガス
6.2.2.6 医療用薬物ガス混合物
6.2.2.7 その他
6.2.3 市場予測
7 用途別市場構成比
7.1 治療用
7.1.1 市場動向
7.1.2 市場予測
7.2 診断薬
7.2.1 市場トレンド
7.2.2 市場予測
7.3 バイオテクノロジーと製薬産業
7.3.1 市場動向
7.3.2 市場予測
7.4 その他
7.4.1 市場動向
7.4.2 市場予測
8 エンドユーザー別市場構成
8.1 病院
8.1.1 市場動向
8.1.2 市場予測
8.2 在宅医療
8.2.1 市場トレンド
8.2.2 市場予測
8.3 学術・研究機関
8.3.1 市場トレンド
8.3.2 市場予測
9 地域別市場構成
9.1 北米
9.1.1 米国
9.1.1.1 市場トレンド
9.1.1.2 市場予測
9.1.2 カナダ
9.1.2.1 市場トレンド
9.1.2.2 市場予測
9.2 アジア太平洋地域
9.2.1 中国
9.2.1.1 市場トレンド
9.2.1.2 市場予測
9.2.2 日本
9.2.2.1 市場トレンド
9.2.2.2 市場予測
9.2.3 インド
9.2.3.1 市場トレンド
9.2.3.2 市場予測
9.2.4 韓国
9.2.4.1 市場トレンド
9.2.4.2 市場予測
9.2.5 オーストラリア
9.2.5.1 市場トレンド
9.2.5.2 市場予測
9.2.6 インドネシア
9.2.6.1 市場トレンド
9.2.6.2 市場予測
9.2.7 その他
9.2.7.1 市場動向
9.2.7.2 市場予測
9.3 欧州
9.3.1 ドイツ
9.3.1.1 市場トレンド
9.3.1.2 市場予測
9.3.2 フランス
9.3.2.1 市場トレンド
9.3.2.2 市場予測
9.3.3 イギリス
9.3.3.1 市場トレンド
9.3.3.2 市場予測
9.3.4 イタリア
9.3.4.1 市場トレンド
9.3.4.2 市場予測
9.3.5 スペイン
9.3.5.1 市場トレンド
9.3.5.2 市場予測
9.3.6 ロシア
9.3.6.1 市場トレンド
9.3.6.2 市場予測
9.3.7 その他
9.3.7.1 市場トレンド
9.3.7.2 市場予測
9.4 中南米
9.4.1 ブラジル
9.4.1.1 市場トレンド
9.4.1.2 市場予測
9.4.2 メキシコ
9.4.2.1 市場トレンド
9.4.2.2 市場予測
9.4.3 その他
9.4.3.1 市場トレンド
9.4.3.2 市場予測
9.5 中東・アフリカ
9.5.1 市場動向
9.5.2 国別市場構成比
9.5.3 市場予測
10 SWOT分析
10.1 概要
10.2 ストレングス
10.3 弱点
10.4 機会
10.5 脅威
11 バリューチェーン分析
12 ポーターズファイブフォース分析
12.1 概要
12.2 バイヤーのバーゲニングパワー
12.3 供給者のバーゲニングパワー
12.4 競争の度合い
12.5 新規参入の脅威
12.6 代替品の脅威

 

 

【お問い合わせ・ご購入サイト】
www.globalresearch.jp/contact
資料コード: imarc5874