世界のネイルケア市場:製品種類別(リキッド、ジェル、ネイルトリートメント、その他)、トレンド、成長

ネイルケア市場は、パーソナルケアに対する個人の関心の高まりと、ソーシャルメディアやデジタル技術の進化により、予測期間を通して大きなCAGRで成長することが期待されています。ジェルマニキュアやエクステンションの人気の高まりは、ネイルケア市場に革命をもたらしました。アクリル樹脂のポリッシュのような外観が、ジェルマニキュアへの移行にさらに影響を及ぼしています。マニキュアやペディキュアは爪へのダメージが少なく、サロンの人気トレンドの一つになっています。カラー化粧品では、高齢女性の需要に対応する機会が存在する。ネイルメーカーは、世界の豊かな国々で高齢化率が高まっていることから、高齢者の顧客をターゲットにする必要があります。この分野のメーカーは、特に高齢の顧客向けに、ネイルクレンザーやネイルモイスチャライザーなどの保湿、強化、平滑化製品を革新して提供する必要があります。

 

ネイルケアの世界市場概要

 

ネイルケアとは、爪や足指の手入れをすることであり、健康維持や回復のために人気があります。ネイルケアは、爪や手足の皮膚に寄生虫が寄生しないようにするものです。足の爪や指の爪が丈夫に生えるのを防ぐことができるのです。ネイルケア製品には、マニキュアやネイルアートツール、アクセサリーも含まれます。ネイルケアの世界市場は、ネイルケアに対する意識の高まりや、エンターテイメントメディアの影響力の増大により、予測期間中に急速なペースで拡大すると予想されています。

世界のネイルケア産業レポートでは、多様なネイルケア製品への需要が、さまざまなネイルケア製品への認識を高め、従来のネイルカラーからジェルやシェラック製品に切り替える顧客によって促進されていることを指摘しています。古い角質の除去、血液循環の改善、伝染病の回避などは、ネイルケアとスパの利点の一部です。国際糖尿病連合によると、2021年には約5億3700万人の成人が糖尿病に罹患しています。この病気は真菌感染症のリスクを高め、日常的なネイルケアが必要です。

自宅でのネイルケアは、女性の出費を控えるようになったこともあり、人気が高まっています。ネイルケアには、より安価な贅沢品を選ぶようになってきています。また、専業主婦の比率が高いのも特徴です。しかし、空いた時間にはネイルサロンやネイルアクセサリーにお金をかけている。若いネイルケア消費者は、年配の消費者よりも、自分の個性を表現したり、現在のトレンドを追いかけるためにネイルペイントをする傾向が強い。

女性の多くは、自分の個性や外見をますます重視するようになり、身だしなみにお金をかけるようになりました。インスタグラムなどのソーシャルメディアを通じて、女性は美とファッションの愛好家に大きく接するようになりました。さらに、ほとんどの女性は、自分の個性にスタイルを加えるためにネイルアートを試したいと思っています。

ネイル業界の統計によると、2022年には欧米のライフスタイルを取り入れる人が増えており、これが世界のネイルケア市場の成長を支えています。女性はより自立し、自分のルックスに気を配るようになっています。可処分所得のかなりの部分を身だしなみや外見に投資しているのです。さまざまな分野でプロフェッショナルな競争が激化しているため、ほとんどの人が自分の容姿をその人の重要な属性と考えています。このため、美容室はネイルケアをサービス内容に加えることで、ビジネスの拡大を図っています。

エンターテインメント・メディアは、人々の生活において重要な役割を担っています。技術の進歩により、より多くの視聴者に簡単にアプローチできるようになりました。有名タレントによるソーシャルメディア上での様々なネイルケア製品のプロモーションは、消費者に大きなインパクトを与えています。数多くの製品が入手可能であること、消費パターンの変化、ライフスタイルの改善、パーソナルケアへの支出の増加は、ネイル産業の将来にとって明るい展望をもたらすと思われます。

マニキュア、接着剤、リムーバー、ネイルジェルなどに含まれる樟脳やホルムアルデヒドなどの化学物質の使用により、お客様が頭痛や吐き気、めまいなどを経験する可能性があります。これはネイルケア市場に悪影響を与えています。ネイルサロン業界の分析によると、ネイルケア製品に含まれる化学成分は、ホルムアルデヒドなどの発がん性化合物から、内分泌系をかく乱するさまざまな物質まで、多岐にわたっています。トルエン、ホルムアルデヒド、フタル酸ジブチルなどの化学物質は、その深刻な毒性健康影響から「毒性トリオ」とも呼ばれています。トルエンは、ネイルの仕上がりをなめらかにし、ボトルの中で顔料が分離しないようにするためによく使われる溶剤です。しかし、中枢神経系に影響を与え、生殖に害を及ぼす可能性があります。したがって、企業は研究開発に投資して、有害物質を含まないネイルケア製品を製造する必要がある。

製品の種類別では、ネイルカラー部門が2021年のネイルケア市場で大きなシェアを占めています。ネイルカラーでは、リキッドネイルカラーサブセグメントが最大のシェアを占めています。次いで、ジェルネイルカラーサブセグメントが続いています。この傾向は、女性の爪をスタイリッシュなアクセサリーに変えるネイル中心のファッション文化によって、予測期間中も続くと予測されます。また、ジェルネイルは爪に保護機能を与え、爪を強化・保護する効果があります。ネイルトリートメント分野は、女性層の可処分所得の増加により、より速いペースで成長すると思われます。

販売形態別では、パッケージ販売分野が世界のネイルケア市場の主要なシェアを占めています。ネイルサロンから自宅でのケアへの移行が進んでいることから、パッケージ販売分野は最も速いペースで成長しており、予測期間中も引き続き市場を支配すると予想されます。以前は、プレミアムブランドはネイルサロンでしか買えませんでした。しかし、自宅でも高級ブランドを購入できるようになったことで、高級マニキュア市場のパッケージ販売部門が活性化しています。

2021年の世界のネイルケア市場では、アジア太平洋地域が主要シェアを占め、次いで北米が上位を占めています。同地域は、予測期間中、その優位性を維持すると予想されます。これは、中国やインドなどの新興国において、大胆な色や特殊効果、長持ちする従来のマニキュア、ソークオフジェル、マットトップコート、グリッターポリッシュ、マグネットマニキュアなどの新しい仕上げなど、ネイルケア製品の革新的で新しい技術に対する需要が高まっているためと思われます。さらに、マニキュアの技術革新により、お客様はリピーターとなり、新製品を試すことができるようになりました。

世界のネイルケア市場は断片的であり、大規模メーカーだけでなくローカルプレーヤーも世界中に存在しています。ほとんどの企業は、主に環境に優しい先進的な製品を導入するために、包括的な研究開発活動に多額の投資を行っています。製品ポートフォリオの拡大やM&Aは、有名企業が採用する重要な戦略です。Kirker Enterprises, Inc., Barielle Ltd., Polychromatic (Keystone Research & Pharmaceutical Inc.), American International Industries, Delia Cosmetics, Fiabila S.A., OPI Products, Inc., California Chemical Specialties, IL Cosmetics Group, Creative Nail Design, Inc, ChromaDurlin (NV Organics), and CNC International B.V. などが本市場で活動している有力事業体である。

 

世界のネイルケア市場の主な展開

 

2022年5月、アイスクリームのショコラティエであるマグナムアイスクリームは、女性創業の独立系美容企業であるNails.INCと提携し、同ブランドの新しいデュエットバーを模したチョコレート香るマニキュア6種類を発売しました。マグナムアイスクリームとNails.INCは、ネイルアートを通じて自分らしさを満喫するファンを誘う、クリーミーな色彩のデュオネイル3セットを発売しました。
2022年1月、化粧品会社のカラーバーは、ヴィーガン・オーガニック・ビューティーへの取り組みを強化し、128色からなる「ヴィーガン・ネイルラッカー」シリーズを発表しました。この新しいヴィーガンネイルは、ビオチンとカルシウムを配合したダブルパテントのデザインで、毒性はありません。このカラーバーの新製品は、ルクセンブルグの製法を用いてインドで開発されました。インドでは、ヴィーガンやナチュラル志向の商品の人気が高まっており、その品揃えを拡充しています。
2021年、Creative Nail Design, Inc.は、新たな人生観に拍手を送るホリデーコレクションのネイルポリッシュ「Party Ready」を発売しました。このコレクションは、CND SHELLACブランドのジェルポリッシュとCND VINYLUX Long Wear Polishで提供されています。
これらの各プレイヤーは、会社概要、財務概要、事業戦略、製品ポートフォリオ、事業セグメント、最近の開発などのパラメータに基づいて、ネイルケア市場レポートでプロファイリングされています

 

 

【目次】

 

1. はじめに

1.1. 市場の定義と範囲

1.2. 市場のセグメンテーション

1.3. 主な調査目的

1.4. リサーチハイライト

2. 前提条件

3. 調査方法

4. エグゼクティブサマリー

5. 市場概要

5.1. 市場ダイナミクス

5.1.1. ドライバ

5.1.2. 制約要因

5.1.3. 機会

5.2. 主要トレンド分析

5.2.1. 供給サイド

5.2.2. 需要サイド

5.3. 主な市場指標

5.3.1. パーソナルケア業界全体の概要

5.4. ポーターのファイブフォース分析

5.5. バリューチェーン分析

5.6. 産業SWOT分析

5.7. コビット-19影響度分析

5.8. 原材料分析

5.9. 政策と規制

5.10. ネイルケアの世界市場分析・予測、2017年〜2031年

5.10.1. 市場価値予測(Bn米ドル)

5.10.2. 市場数量予測(単位:百万個)

6. ネイルケアの世界市場分析・予測:製品種類別

6.1. ネイルケア市場(10億米ドル、100万個)、製品種類別、2017年~2031年

6.1.1. ネイルカラー

6.1.1.1. リキッドネイルカラー

6.1.1.2. ジェルネイルカラー

6.1.1.3. ベースコートとトップコート

6.1.1.4. その他

6.1.2. ネイルトリートメント

6.1.2.1. マニキュア

6.1.2.2. ペディキュア

6.2. 製品種類別機会増加量

7. ネイルケアの世界市場分析・予測(販売タイプ別

7.1. ネイルケア市場(10億米ドル、100万個)、販売タイプ別、2017年~2031年

7.1.1. バルク

7.1.2. パッケージ

7.2. 販売形態別機会増加量

8. ネイルケアの世界市場分析・予測、地域別

8.1. ネイルケア市場(10億米ドル、100万個)、地域別、2017年〜2031年

8.1.1. 北米

8.1.2. 欧州

8.1.3. アジア太平洋

8.1.4. 中東・アフリカ

8.1.5. 南米

8.2. 地域別機会増大

9. 北米のネイルケア市場の分析と予測

9.1. 地域別スナップショット

9.2. 人口動態の概要

9.3. ブランド分析

9.4. 消費者購買行動分析

9.5. 主要トレンド分析

9.6. 価格動向分析

9.6.1. 加重平均販売価格(米ドル)

9.7. ネイルケア市場(10億米ドル、100万個):製品種類別、2017年〜2031年

9.7.1. ネイルカラー

9.7.1.1. リキッドネイルカラー

9.7.1.2. ジェルネイルカラー

9.7.1.3. ベースコートとトップコート

9.7.1.4. その他

9.7.2. ネイルトリートメント

9.7.2.1. マニキュア

9.7.2.2. ペディキュア

9.8. ネイルケア市場(10億米ドル、100万個)、販売タイプ別、2017年〜2031年

9.8.1. バルク

9.8.2. パッケージ

9.9. ネイルケア市場(10億米ドル・100万個)予測(国・地域別)2017年〜2031年

9.9.1. 米国

9.9.2. カナダ

9.9.3. その他の北米地域

9.10. 機会増加の分析

10. 欧州ネイルケア市場の分析と予測

10.1. 地域別スナップショット

10.2. 人口動態の概要

10.3. ブランド分析

10.4. 消費者購買行動分析

10.5. 主要トレンド分析

10.6. 価格動向分析

10.6.1. 加重平均販売価格(米ドル)

10.7. ネイルケア市場(10億米ドル、100万個):製品種類別、2017年〜2031年

10.7.1. ネイルカラー

10.7.1.1. リキッドネイルカラー

10.7.1.2. ジェルネイルカラー

10.7.1.3. ベースコートとトップコート

10.7.1.4. その他

10.7.2. ネイルトリートメント

10.7.2.1. マニキュア

10.7.2.2. ペディキュア

10.8. ネイルケア市場(10億米ドル、100万個)、販売タイプ別、2017年〜2031年

10.8.1. バルク

10.8.2. パッケージ

10.9. ネイルケア市場(10億米ドル、100万個)予測(国・地域別、2017年〜2031年

10.9.1. イギリス

10.9.2. ドイツ

10.9.3. フランス

10.9.4. その他の欧州

10.10. 機会増大の分析

 

 

 

【お問い合わせ・ご購入サイト】
www.globalresearch.jp/contact
資料コード:TMRGL34913