北米のHVACコンプレッサ市場:製品別、地域別(アメリカ、カナダ、メキシコ)、2023〜2030年

 

レポート概要

 

北米のHVACコンプレッサ市場規模は2022年に8億3,870万米ドルとなり、2023年から2030年にかけて年平均成長率(CAGR)5.7%で成長する見込みです。成長の原動力は、空調およびヒートポンプ用途でエネルギー効率の高いコンプレッサーの需要が高まっていることです。また、スクロールコンプレッサーはロータリーコンプレッサーよりも冷却性能が高く、2段階&可変速スクロールコンプレッサーは固定速スクロールコンプレッサーに比べてエネルギー効率が高いです。このため、商業用途や住宅用途でのスクロールコンプレッサーの採用が進むと予想されます。

北米の暖房、換気、空調(HVAC)コンプレッサー市場は、エネルギー効率の高いシステムの購入に関する認識と規制ガイドラインの高まりにより、予測期間中にプラスのトレンドになると予想されます。連邦政府や州政府といった様々なレベルの政府が、HVACシステムの運用を改善するための基準を設けています。このような市場動向を受けて、企業もエネルギー効率の高い製品ポートフォリオの拡充に乗り出しています。

国内では、エネルギー効率の高い省電力製品の需要が高まっているため、可変速エアコンプレッサーの需要が増加すると予想されます。インバーターベースのシステムなどの技術の出現により、市場はさまざまな新製品の開発やイノベーションを目撃することが予想されます。

AI、IoT、ブロックチェーン、機械学習などの新技術の急速な利用は、米国のHVACシステムの成長に大きなプラスの影響を与えています。さらに、IoTをHVACシステムに統合することで、企業は室内の居住者数、各居住者の快適さの好み、湿度レベル、外気温などの外部データを調べることができるようになると予想されます。HVACシステムは、このデータを利用して最適な温度を設定し、ファンの回転数を変更し、システム全体のエネルギー効率を向上させます。

HVACシステム市場は、手当制度や税額控除、エネルギー効率の高いシステムの購入に伴う追加的な金銭的メリットの恩恵を受け、売上が増加すると予想されています。さらに、州政府や連邦政府といった様々なレベルの政府が、HVACシステムの運用を改善するための基準を制定しています。

各国政府は、エネルギー効率の高い機器の生産を奨励するためにいくつかの規制を設け、それによって環境へのリスクとカーボンフットプリントを低減しています。また、多くの政府が、低消費電力や再生可能エネルギー製品の使用を通じてエネルギー効率の高い製品を奨励するインセンティブを提供しており、税金やリベート制度に加えて製品需要も増加することになります。

市場の主要メーカーは、製品ポートフォリオと顧客基盤を拡大するために新製品を開発しています。例えば、LGエレクトロニクスは2023年2月に最新のコンプレッサーを発売しました。この新しいコンプレッサーは、環境に配慮した低GWP冷媒、R32およびR454Bを使用しています。一般的に使用されているR410AのGWPが約2,088であるのに対し、同社の最新モデルで使用されている冷媒のGWPは750以下。

単段スクロールコンプレッサーが市場をリードし、2022年の売上シェアは53.2%。家庭用冷暖房システムの大半は、単段スクロールコンプレッサーを使用しています。回転数は1段階のみで、最も基本的でコスト効率の高い製品です。住宅は、単段スクロールコンプレッサで効果的に冷房または暖房できます。

可変速コンプレッサでは、コンプレッサ容量は可変速技術によって管理され、コンプレッサの速度は短い間隔で広い動作範囲にわたって変化します。可変速スクロールコンプレッサーは、信頼性と性能が向上し、可変冷媒フロー(VRF)システムに最適であるため、今後数年間、可変速コンプレッサーの需要を牽引します。

2段スクロールコンプレッサーは、スクロール内のガスの一部を吸引に戻すことで、コンプレッサーの容量調整に役立ちます。コンプレッサーは、要求に応じて暖房または冷房の需要にきめ細かく対応できます。2段スクロールコンプレッサーは、業務用にも家庭用にも最適です。

米国政府は、地域社会のインフラを改善するため、さまざまな取り組みを行っています。例えば、2021年6月には、米国運輸省が国内のインフラ開発プロジェクトに9億530万米ドルを投資すると発表しました。

このプロジェクトは、裁量補助金プログラム「アメリカ再建のためのインフラ(INFRA)」を通じて実施されます。橋、港湾、高速道路、鉄道の復旧のため、20の州で20のプロジェクトが資金を受け取ることになりそうです。その結果、米国では商業施設の建設が増加し、HVACシステムの需要が高まると同時に、予測期間中の製品需要も拡大する見込み。

米国は市場をリードし、2022年の売上シェアの91.4%を占め、予測期間中のCAGRは5.5%で成長する見込みです。IoT、AI、ブロックチェーン、機械学習などの新技術の利用が急増していることが、米国におけるHVACシステムの成長に大きな好影響を与えています。さらに、可処分所得の増加や、個人的な快適さのためのHVAC機器の利用が増加していることが、米国における市場の成長を急速に促進しています。

カナダでは、HVACシステムのニーズは主に建築業界が牽引しています。カナダでは、商業ビルや住宅ビルの開発増加に伴い、HVAC機器とサービスの需要が着実に増加しています。産業用HVACシステムは、製造工場や倉庫などの産業インフラで使用されています。そのため、カナダでは、化学、造船、海洋産業、バイオ医薬品・製薬、建設、その他の産業部門が成長しており、HVACコンプレッサーの着実な成長が見込まれています。

メキシコのHVACコンプレッサー市場は、予測期間中、売上高で最も速いCAGR 7.9%で拡大する見込みです。商業モール、オフィス、住宅、商業スペースなどの複合用途ビル、流通・製造施設などの工業用ビルの建設に対する民間投資の増加が建設業界の成長を後押しし、同国におけるHVAC製品の成長を補完すると予測されます。

 

主要企業・市場シェアインサイト

 

HVACコンプレッサーのメーカーは、共同事業、合併、買収、新製品開発、地理的拡大など、さまざまな戦略を駆使して市場シェアを拡大し、住宅、商業、工業など、さまざまな最終用途部門からの機器に対する技術的需要の変化に対応しています。

例えば、2023年2月、ダンフォスは米国における冷却技術の需要が急増していることを確認し、メキシコのアポダカに新しいセンサーとコンプレッサーの製造施設を建設することを発表しました。新施設では、HVAC-R用センサー、中型・大型スクロールコンプレッサー、業務用・家庭用空調・冷凍用A2L検出センサーを製造する予定。北米のHVACコンプレッサー市場における主な企業は以下の通り:

ダンフォス・グループ

エマソン・エレクトリック

ダイキン工業株式会社

三菱電機株式会社

LGエレクトロニクス

日立製作所

テカムゼープロダクツカンパニーLLC

パナソニックグループ

本レポートでは、2018年から2030年にかけての地域および国レベルでの数量と収益の成長を予測し、各サブセグメントにおける最新の業界動向の分析を提供しています。この調査レポートは、北米のHVACコンプレッサー市場を製品と国別に分類しています:

製品の展望(数量、千台;売上高、百万米ドル、2018年〜2030年)

1段スクロールコンプレッサー

2段スクロールコンプレッサー

可変速スクロールコンプレッサー

国の展望(台数、千台;売上高、百万米ドル、2018年~2030年)

米国

カナダ

メキシコ

 

【目次】

 

第1章. 方法論とスコープ
1.1. 市場セグメンテーションとスコープ
1.2. 市場の定義
1.3. 調査方法
1.4. 情報収集
1.4.1. 情報分析
1.4.2. 市場形成とデータの可視化
1.4.3. データの検証・公開
1.5. 調査範囲と前提条件
1.5.1. データソースのリスト
第2章. エグゼクティブ・サマリー
2.1. 市場の展望
2.2. セグメント別の展望
2.3. 競争環境スナップショット
第3章 北米市場 北米のHVACコンプレッサー市場の変数、動向、スコープ
3.1. 市場の系譜の展望
3.2. バリューチェーン分析
3.3. 規制の枠組み
3.4. 技術概要
3.5. 市場ダイナミクス
3.5.1. 市場ドライバー分析
3.5.2. 市場阻害要因分析
3.5.3. 市場機会分析
3.5.4. 市場の課題分析
3.6. 業界分析ツール
3.6.1. ポーター分析
3.6.2. マクロ経済分析
3.7. 経済メガトレンド分析
第4章. 北米のHVACコンプレッサー市場 製品の推定と動向分析
4.1. 北米のHVACコンプレッサー市場 製品の展望
4.2. 北米のHVACコンプレッサー市場 製品動向分析と市場シェア、2022年・2030年
4.3. 北米のHVACコンプレッサー市場の予測・推移:製品別、2018年〜2030年(百万米ドル)
4.3.1. 1段スクロールコンプレッサー
4.3.2. 2段スクロールコンプレッサー
4.3.3. 可変速スクロールコンプレッサー
第5章. 北米のHVACコンプレッサー市場 各国の推定と動向分析
5.1. 北米のHVACコンプレッサー市場 各国の展望
5.2. 米国
5.2.1. 米国のHVACコンプレッサー市場の推定と予測、2018~2030年 (千台) (百万米ドル)
5.3. カナダ
5.3.1. カナダのHVACコンプレッサー市場の推定と予測、2018~2030年 (千台) (百万米ドル)
5.4. メキシコ
5.4.1. メキシコのHVACコンプレッサー市場の推定と予測、2018~2030年 (千台) (百万米ドル)
第6章 北米 北米のHVACコンプレッサー市場の競合環境
6.1. 主要市場参入企業別の最新動向と影響分析
6.2. 企業分類
6.3. 参加企業の概要
6.4. 財務概要
6.5. 製品ベンチマーク
6.6. 市場ポジショニング
6.7. 各社の市場シェア分析、2022年
6.8. 企業ヒートマップ分析
6.9. 競合ダッシュボード分析
6.10. 戦略マッピング
6.10.1. 合併と買収
6.10.2. 新規施設/立ち上げ
6.10.3. 製品上市
6.10.4. パートナーシップ
第7章. 北米のHVACコンプレッサー市場 企業プロフィール
7.1. ダンフォスグループ
7.2. エマソン・エレクトリック
7.3. ダイキン工業
7.4. 三菱電機株式会社
7.5. LGエレクトロニクス
7.6. 日立製作所
7.7. テカムシー・プロダクツ・カンパニーLLC
7.8. パナソニックグループ

 

 

【本レポートのお問い合わせ先】
www.marketreport.jp/contact
レポートコード: GVR-4-68040-068-6