全身性エリテマトーデス(SLE)治療薬の世界市場:市場考察、疫学、市場予測、2023-2028

 

市場概要

 

世界の全身性エリテマトーデス(SLE)治療薬の市場規模は、2022年に25億米ドルに達しました。今後、IMARCグループは、同市場が2023年から2028年の間に6.7%の成長率(CAGR)を示して2028年までに38億米ドルに達すると予測しています。SLEに苦しむ患者数の増加、国民の意識向上キャンペーンの高まり、ジェネリック薬の入手の容易さなどが、市場を牽引する主要因の一例となっています。

全身性エリテマトーデス(SLE)は自己免疫疾患のひとつで、さまざまな臨床症状、多系統の炎症(MIS)、再発寛解型経過(RRMS)などを特徴とします。皮膚、関節、腎臓、脳など、身体の多くの部位に影響を及ぼします。一般に、様々な遺伝的、環境的、ホルモン的要因によって引き起こされます。症状としては、疲労、関節の痛みや腫れ、頭痛、発疹、脱毛、貧血、血液凝固、発熱などがあります。SLEは医療機関で症状評価、身体検査、胸部X線検査、尿検査、血液検査などを行い診断されます。関節の痛みやこわばりには抗炎症剤、発疹にはステロイドクリーム、免疫反応を抑える副腎皮質ステロイド、皮膚のトラブルには抗マラリア薬で症状を緩和させます。また、より重症の場合には、疾患修飾薬や標的免疫系薬剤を使用します。このほか、免疫系の活動を抑制する様々な免疫抑制剤を用いて治療します。

自己免疫疾患の患者数が増加し、SLEに苦しむ患者数が増加していることは、世界中でSLE治療薬の需要を高める主な要因の一つとなっています。さらに、多くの研究機関や診断機関が、SLEとその治療法について一般の方々に知っていただくための啓発活動を展開しています。さらに、各国の政府や非政府組織(NGO)は、新規治療薬の開発やSLEの治療に関連する創薬ターゲットの特定を目的としたさまざまなプログラムに投資しています。このことは、医療インフラや診断技術を改善するための資金調達が世界的に増加していることと相まって、市場の成長を後押ししています。これとは別に、SLEに伴う痛み、炎症、こわばりを緩和するためのさまざまなジェネリック医薬品が、オフラインやオンラインの小売チャネルを通じて簡単に入手できることも、市場の成長にプラスに働いています。一般的には、アスピリン、イブプロフェン(モトリン)、ナプロキセン、セレコキシブ(セレブレックス)、ジクロフェナク(ボルタレン)、ジフルニサル(ドロビット)、ピロキシカム(フェルデン)などの市販(OTC)や処方ベースの非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)などが含まれます。さらに、ヒドロキシクロロキン製剤の使用量が増加していることも、市場の成長に寄与しています。このほか、SLEの早期診断・治療の利点について、個人や医療従事者の間で認識が高まっていることが、SLE治療薬の売上全体に影響を与えています。

主な市場細分化
IMARCグループは、世界の全身性エリテマトーデス(SLE)治療薬市場の各セグメントにおける主要トレンドの分析、および2023年から2028年までの世界、地域、国レベルでの予測を行っています。当レポートでは、薬物クラスと投与形態に基づき市場を分類しています。

薬物クラスの洞察

抗マラリア薬
クロロキン
ヒドロキシクロロキン
非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDS)
細胞毒性および免疫抑制性薬剤
シクロホスファミド
メトトレキサート
ミコフェノール酸モフェチル
タクロリムス
シクロスポリン
生物学的製剤
その他

本レポートでは、全身性エリテマトーデス(SLE)治療薬市場の薬効分類に基づく詳細な内訳と分析も行っています。これには、抗マラリア薬(クロロキン、ヒドロキシコロキン)、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDS)、細胞毒性・免疫抑制薬(シクロファミド、メトトレキサート、ミコフェノール酸モフェチル、タクロリムス、サイクロスポリン)、生物製剤、その他が含まれます。本レポートによれば、細胞毒性薬および免疫抑制薬が最大のセグメントを占めています。

投与方法の洞察。

静脈内投与
皮下投与
経口

全身性エリテマトーデス(SLE)治療薬市場の投与形態に基づく詳細な分類と分析も本レポートで提供しています。これには静脈内、皮下、経口が含まれます。報告書によると、経口投与が最大の市場シェアを占めています。

地域別の洞察

北米
米国
カナダ
アジア太平洋地域
中国
日本
インド
韓国
オーストラリア
インドネシア
その他
欧州
ドイツ
フランス
イギリス
イタリア
スペイン
ロシア
その他
中南米
ブラジル
メキシコ
その他
中東・アフリカ

また、北米(米国、カナダ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、韓国、オーストラリア、インドネシア、その他)、欧州(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、スペイン、ロシア、その他)、中南米(ブラジル、メキシコ、その他)、中東・アフリカを含むすべての主要地域市場について包括的に分析を行っています。それによると、北米は全身性エリテマトーデス(SLE)治療薬の最大市場となっています。北米の全身性エリテマトーデス(SLE)治療薬市場を牽引する要因としては、医療へのアクセスの容易さ、SLEの早期診断・治療の利点に関する意識の高まり、各種ジェネリック医薬品の入手のしやすさなどが挙げられます。

 

競合環境

 

本レポートでは、世界の全身性エリテマトーデス(SLE)治療薬市場における競争環境についても包括的に分析しています。すべての主要企業の詳細なプロフィールも掲載しています。対象となる企業には、AstraZeneca Plc、Aurinia Pharmaceuticals Inc.、GSK plc、ImmuPharma Plcなどが含まれます。なお、これは一部の企業のリストであり、完全なリストは本レポートに記載されています。

 

 

【目次】

 

1 序文
2 調査範囲と方法論
2.1 調査の目的
2.2 ステークホルダー
2.3 データソース
2.3.1 一次資料
2.3.2 セカンダリーソース
2.4 市場規模の推計
2.4.1 ボトムアップ・アプローチ
2.4.2 トップダウンアプローチ
2.5 予測方法
3 エグゼクティブサマリー
4 はじめに
4.1 概要
4.2 主要な業界動向
5 全身性エリテマトーデス(SLE)治療薬の世界市場
5.1 市場概要
5.2 市場パフォーマンス
5.3 COVID-19の影響
5.4 市場予測
6 薬剤クラス別市場構成
6.1 抗マラリア薬
6.1.1 市場動向
6.1.2 主要セグメント
6.1.2.1 クロロキン
6.1.2.2 ヒドロキシクロロキン
6.1.3 市場予測
6.2 非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDS)
6.2.1 市場動向
6.2.2 市場予測
6.3 細胞障害性薬物および免疫抑制性薬物
6.3.1 市場動向
6.3.2 主要セグメント
6.3.2.1 シクロホスファミド
6.3.2.2 メトトレキサート
6.3.2.3 ミコフェノール酸モフェティル
6.3.2.4 タクロリムス
6.3.2.5 シクロスポリン
6.3.3 市場予測
6.4 バイオロジクス
6.4.1 市場動向
6.4.2 市場予測
6.5 その他
6.5.1 市場動向
6.5.2 市場予測
7 投与形態別市場構成
7.1 静脈注射
7.1.1 市場動向
7.1.2 市場予測
7.2 皮下投与
7.2.1 市場トレンド
7.2.2 市場予測
7.3 経口
7.3.1 市場動向
7.3.2 市場予測
8 地域別市場構成
8.1 北米
8.1.1 米国
8.1.1.1 市場トレンド
8.1.1.2 市場予測
8.1.2 カナダ
8.1.2.1 市場トレンド
8.1.2.2 市場予測
8.2 アジア太平洋地域
8.2.1 中国
8.2.1.1 市場トレンド
8.2.1.2 市場予測
8.2.2 日本
8.2.2.1 市場トレンド
8.2.2.2 市場予測
8.2.3 インド
8.2.3.1 市場トレンド
8.2.3.2 市場予測
8.2.4 韓国
8.2.4.1 市場トレンド
8.2.4.2 市場予測
8.2.5 オーストラリア
8.2.5.1 市場トレンド
8.2.5.2 市場予測
8.2.6 インドネシア
8.2.6.1 市場トレンド
8.2.6.2 市場予測
8.2.7 その他
8.2.7.1 市場トレンド
8.2.7.2 市場予測
8.3 欧州
8.3.1 ドイツ
8.3.1.1 市場トレンド
8.3.1.2 市場予測
8.3.2 フランス
8.3.2.1 市場トレンド
8.3.2.2 市場予測
8.3.3 イギリス
8.3.3.1 市場トレンド
8.3.3.2 市場予測
8.3.4 イタリア
8.3.4.1 市場トレンド
8.3.4.2 市場予測
8.3.5 スペイン
8.3.5.1 市場トレンド
8.3.5.2 市場予測
8.3.6 ロシア
8.3.6.1 市場トレンド
8.3.6.2 市場予測
8.3.7 その他
8.3.7.1 市場トレンド
8.3.7.2 市場予測
8.4 中南米
8.4.1 ブラジル
8.4.1.1 市場トレンド
8.4.1.2 市場予測
8.4.2 メキシコ
8.4.2.1 市場トレンド
8.4.2.2 市場予測
8.4.3 その他
8.4.3.1 市場トレンド
8.4.3.2 市場予測
8.5 中東・アフリカ
8.5.1 市場動向
8.5.2 国別市場構成比
8.5.3 市場予測
9 ドライバ、阻害要因、および機会
9.1 概要
9.2 ドライバ
9.3 制約事項
9.4 機会
10 バリューチェーン分析
11 ポーターズファイブフォース分析
11.1 概要
11.2 バイヤーのバーゲニングパワー
11.3 供給者のバーゲニングパワー
11.4 競争の度合い
11.5 新規参入の脅威
11.6 代替品の脅威
12 価格分析
13 競合他社の状況
13.1 市場構造
13.2 主要プレイヤー
13.3 主要プレイヤーのプロファイル
13.3.1 アストラゼネカ・ピーエルシー
13.3.1.1 会社概要
13.3.1.2 製品ポートフォリオ
13.3.1.3 財務
13.3.1.4 SWOT分析
13.3.2 オーリニア・ファーマシューティカルズ・インク 13.3.2.1 会社概要
13.3.2.1 会社概要
13.3.2.2 製品ポートフォリオ
13.3.2.3 財務
13.3.3 GSK plc
13.3.3.1 会社概要
13.3.3.2 製品ポートフォリオ
13.3.3.3 財務情報
13.3.3.4 SWOT分析
13.3.4 イミュファーマ Plc
13.3.4.1 会社概要
13.3.4.2 製品ポートフォリオ
13.3.4.3 財務状況
13.3.4.4 SWOT分析

 

【お問い合わせ・ご購入サイト】
www.globalresearch.jp/contact
資料コード: SR112023A6799