世界の植物性タンパク質市場:産業動向、シェア、サイズ、成長、機会、2022-2027年の予測

 

市場の概要

 

世界の植物性タンパク質市場は、2021年にXX億米ドルの規模に達しました。今後、IMARCグループは、2022年から2027年にかけて、この市場がXX%のCAGRで成長すると予測しています。COVID-19の不確実性を念頭に置き、我々はパンデミックの直接的および間接的な影響を継続的に追跡し評価しています。これらの洞察は、市場の主要な貢献者として報告書に含まれています。

植物性タンパク質は、豆類、豆腐、大豆、テンペ、セイタン、ナッツ、種子、穀物、エンドウなどから得られるものです。植物性タンパク質は、食物繊維、ビタミン、ミネラルなどの栄養素を豊富に含んでいます。飽和脂肪酸やホルモンが少ないので、循環器系の病気を抑え、がん、2型糖尿病、骨関節炎、骨粗しょう症、アルツハイマー病などを予防する効果があります。さらに、植物性タンパク質は、ファイトケミカルの存在により、体重を減らし、腸の健康を促進し、肥満を予防することを支援します。さらに、遺伝子や血液、神経細胞の健康維持にも役立ちます。

現在、植物性タンパク質の栄養価に関する大衆の間で高まっている意識は、市場を推進する重要な要因の1つを表しています。また、持続可能な生活と動物性タンパク質への依存を最小限に抑えることに重点を置くようになったため、世界中で植物性タンパク質の売上が増加しています。これは、フレキシタリアンやビーガンの消費者の増加とともに、市場にプラスの影響を及ぼしています。これに加えて、より幅広い製品の入手可能性、製品開発の強化、生産プロセスの革新のために、大衆の間で植物由来の食品や飲料の採用が増加しています。このことは、食品・飲料(F&B)産業の拡大と相まって、市場の成長を促進しています。さらに、クリーンラベル製品やアレルゲン回避のニーズの高まりが、世界中の植物性タンパク質に対する需要を促進しています。これとは別に、アレルゲンフリー、グルテンフリー、ラクトースフリーの特性により、世界中でエンドウ豆タンパク質の消費が増加していることも、市場の成長に寄与しています。

IMARCグループは、世界の植物性タンパク質市場の各サブセグメントにおける主要動向の分析、および2022年から2027年までの世界、地域、国レベルでの予測を提供しています。当レポートでは、供給源、タイプ、性質、用途別に市場を分類しています。

供給元別の内訳

大豆
小麦
エンドウ豆
その他

タイプ別構成比

濃縮物
アイソレート
テクスチャー

性質別構成比。

コンベンショナル
オーガニック

用途別の内訳。

食品
肉類代替品
乳製品
ベーカリー製品
パフォーマンスニュートリション
コンビニエンスフーズ
その他
飼料

地域別構成比

北米
米国
カナダ
アジア・パシフィック
中国
日本
インド
韓国
オーストラリア
インドネシア
その他
欧州
ドイツ
フランス
イギリス
イタリア
スペイン
ロシア
その他
中南米
ブラジル
メキシコ
その他
中近東・アフリカ

 

競争環境

 

業界の競争環境についても、AGT Food and Ingredients、Archer-Daniels-Midland Company、Axiom Foods Inc、Cargill Incorporated、Dupont De Nemours Inc、Glanbia plc、Ingredion Incorporated、Kerry Group plc、Koninklijke DSM N.V、Roquette Frères、Tate & Lyle PLC、The Scoular Company および Wilmar International Limitedなどの主要企業のプロファイルと共に調査されています。

 

 

【目次】

 

1 序文
2 調査範囲と方法論
2.1 調査の目的
2.2 ステークホルダー
2.3 データソース
2.3.1 一次資料
2.3.2 セカンダリーソース
2.4 市場規模の推計
2.4.1 ボトムアップ・アプローチ
2.4.2 トップダウンアプローチ
2.5 予測方法
3 エグゼクティブサマリー
4 はじめに
4.1 概要
4.2 主要な産業動向
5 植物性タンパク質の世界市場
5.1 市場概要
5.2 市場パフォーマンス
5.3 COVID-19の影響
5.4 市場予測
6 ソース別市場構成
6.1 大豆
6.1.1 市場動向
6.1.2 市場予測
6.2 小麦
6.2.1 市場トレンド
6.2.2 市場予測
6.3 えんどまめ
6.3.1 市場トレンド
6.3.2 市場予測
6.4 その他
6.4.1 市場動向
6.4.2 市場予測
7 タイプ別市場構成
7.1 コンセントレート
7.1.1 市場動向
7.1.2 市場予測
7.2 アイソレート
7.2.1 市場トレンド
7.2.2 市場予測
7.3 テクスチャー
7.3.1 市場トレンド
7.3.2 市場予測
8 性質別市場構成比
8.1 コンベンショナル
8.1.1 市場トレンド
8.1.2 市場予測
8.2 オーガニック
8.2.1 市場トレンド
8.2.2 市場予測
9 用途別市場構成比
9.1 食品
9.1.1 市場動向
9.1.2 主要セグメント
9.1.2.1 肉の代替品
9.1.2.2 乳製品代替品
9.1.2.3 ベーカリー製品
9.1.2.4 パフォーマンスニュートリション
9.1.2.5 コンビニエンス・フード
9.1.2.6 その他
9.1.3 市場予測
9.2 飼料
9.2.1 市場動向
9.2.2 市場予測
10 地域別市場構成
10.1 北米
10.1.1 米国
10.1.1.1 市場トレンド
10.1.1.2 市場予測
10.1.2 カナダ
10.1.2.1 市場トレンド
10.1.2.2 市場予測
10.2 アジア太平洋地域
10.2.1 中国
10.2.1.1 市場トレンド
10.2.1.2 市場予測
10.2.2 日本
10.2.2.1 市場トレンド
10.2.2.2 市場予測
10.2.3 インド
10.2.3.1 市場トレンド
10.2.3.2 市場予測
10.2.4 韓国
10.2.4.1 市場トレンド
10.2.4.2 市場予測
10.2.5 オーストラリア
10.2.5.1 市場トレンド
10.2.5.2 市場予測
10.2.6 インドネシア
10.2.6.1 市場トレンド
10.2.6.2 市場予測
10.2.7 その他
10.2.7.1 市場トレンド
10.2.7.2 市場予測
10.3 欧州
10.3.1 ドイツ
10.3.1.1 市場トレンド
10.3.1.2 市場予測
10.3.2 フランス
10.3.2.1 市場トレンド
10.3.2.2 市場予測
10.3.3 イギリス
10.3.3.1 市場トレンド
10.3.3.2 市場予測
10.3.4 イタリア
10.3.4.1 市場トレンド
10.3.4.2 市場予測
10.3.5 スペイン
10.3.5.1 市場トレンド
10.3.5.2 市場予測
10.3.6 ロシア
10.3.6.1 市場トレンド
10.3.6.2 市場予測
10.3.7 その他
10.3.7.1 市場トレンド
10.3.7.2 市場予測
10.4 中南米
10.4.1 ブラジル
10.4.1.1 市場トレンド
10.4.1.2 市場予測
10.4.2 メキシコ
10.4.2.1 市場トレンド
10.4.2.2 市場予測
10.4.3 その他
10.4.3.1 市場トレンド
10.4.3.2 市場予測
10.5 中東・アフリカ
10.5.1 市場トレンド
10.5.2 国別市場構成比
10.5.3 市場予測

 

 

【お問い合わせ・ご購入サイト】
www.globalresearch.jp/contact
資料コード: imarc5885