世界の放射線量管理市場:モダリティ別、用途別(腫瘍学、心臓学、整形外科)

この市場の成長は、慢性疾患の増加による医療用画像診断機器の使用の増加、放射線被ばくに対する懸念の高まり、放射線機器の設置台数の増加、放射線量管理に対する意識の高まりによってもたらされています。一方、医療機関における放射線量管理のための標準化された手順や線量プロトコルがないことが、市場の大きな課題となっています。

放射線量管理市場は、製品・サービス別に放射線量管理ソリューションと放射線量管理サービスに分類されます。放射線量管理ソリューションは、予測期間中に最も高いCAGRで成長すると予測されます。電離放射線に関する規制が世界的に強化され、医療従事者による放射線量管理ソリューションの採用が増加していることが、この分野の成長を支える主な要因となっています。

放射線量管理市場は、モダリティによってコンピュータ断層撮影(CT)、透視検査およびインターベンショナルイメージング、マンモグラフィ、核医学に分類されます。透視検査およびインターベンショナルイメージング分野は、予測期間中、放射線量管理市場で最も高い成長を示すと予測されています。放射線介入・透視処置の需要の増加、患者や他の医療関係者の放射線被ばくに関する意識の高まり、透視・介入処置に適用される州法や連邦法に準拠する必要性の高まりが、この分野の成長を支える主要因となっています。

本レポートでは、放射線量管理市場を北米、欧州、アジア太平洋、その他の地域(RoW)の4つの主要な地域セグメントに区分しています。欧州の市場は、予測期間中に最も高い成長率を記録すると予測されています。この市場の成長は、主にEuroSafe Imagingキャンペーンなどの政府の取り組み、患者の放射線被ばくを減らすための欧州各国のガイドライン(放射線量管理に関する欧州指令など)、健康情報の多国間統合のニーズの高まり、医療費上昇を抑制する必要性などが要因となっています。

企業タイプ別 Tier1 (20%)、Tier2 (45%)、Tier3 (35%)
役職別 Cレベル(30%)、ディレクターレベル(20%)、その他(50%)
地域別 北米(35%)、欧州(24%)、アジア太平洋(25%)、その他(16%)

 

レポート掲載企業一覧

 

GEヘルスケア(米国)
BAYER AG(ドイツ)
セクトラAB(スウェーデン)
PACSHealth, LLC (米国)
アグファ・ヘルスケア(ベルギー)
シーメンス・ヘルヒネアーズ(シーメンスAGの一部門)(ドイツ)
フィリップスヘルスケア(オランダ)
富士フイルムホールディングス株式会社 (日本)
ノバラッドコーポレーション (米国)
ブラッコ・イメージング S.P.A.(イタリア)
カエルム N.V.(ベルギー)
キヤノン株式会社(日本)
メッドスクエア SAS(フランス)
Guerbet(フランス)
ボルパラ・ソリューションズ・インク(米)
INFINITT Healthcare Co. Ltd.(韓国)
メディックビジョン(米)

 

調査対象範囲

本レポートでは、放射線量管理市場を製品&サービス、モダリティ、アプリケーションエンドユーザー、地域に基づいて調査しています。また、市場成長に影響を与える要因(ドライバー、機会、課題など)を分析しています。利害関係者向けに市場の機会や課題を評価し、市場リーダー向けに競争環境の詳細を提供しています。また、ミクロ市場の成長動向、展望、放射線量管理市場全体への貢献度に関しても調査しています。レポートでは、4つの主要地域に関して、市場セグメントの収益を予測しています。

市場の浸透度。放射線量管理市場の上位17社が提供する放射線量管理ソフトウェアとサービスに関する包括的な情報。レポートでは、放射線量管理市場を製品&サービス、モダリティ、アプリケーション、エンドユーザー、地域別に分析しています。
市場の発展 有利な新興市場に関する包括的な情報です。本レポートでは、主要な地域ごとの各種固定装置市場を分析しています。
市場の多様化。放射線量管理市場における新製品、未開拓の地域、最近の開発、投資に関する詳細な情報。
競争力の評価。放射線量管理市場における主要企業の市場シェアと戦略に関する詳細な評価

 

 

【目次】

 

1 はじめに
1.1 調査の目的
1.2 市場の定義
1.2.1 対象となる市場
図1 放射線量管理市場
1.2.2 国別カバレッジ
図2 放射線量管理市場
1.2.3 調査対象年数
1.3 通貨
1.4 制限事項
1.5 ステークホルダー
2 調査方法
図 3 調査デザイン
2.1.1 セカンダリーデータ
2.1.1.1 セカンダリーソースの主要データ
2.1.2 プライマリーデータ
図4 プライマリーインタビューの内訳:企業タイプ別、職位別、地域別
2.1.2.1 一次情報源からの主要データ
2.2 市場規模の推計
2.2.1 ボトムアップアプローチ
図5 市場規模の推定。ボトムアップアプローチ
図6 放射線量管理市場 ボトムアップアプローチ
2.2.2 成長予測
2.2.3 トップダウンアプローチ
図 7 放射線量管理市場 トップダウンアプローチ
2.3 市場のブレークダウンとデータトライアングル
図8 データトライアングレーションの方法
2.4 本調査の前提条件
3 エグゼクティブサマリー
図9 放射線量管理市場:製品・サービス別、2020年対2025年(USD Million)
図 10 放射線量管理市場、モダリティ別、2020 年対 2025 年 (USD Million)
図11 放射線量管理市場、アプリケーション別、2020年対2025年(USD Million)
図12 放射線量管理市場、エンドユーザー別、2020年対2025年(USD Million)
図 13 放射線量管理市場:地域別、2020 年対 2025 年(USD ミリオン)
4 プレミアムインサイト
4.1 放射線量管理市場の概要
図 14 慢性疾患の発生率の上昇と放射線被曝に対する懸念の高まりが市場成長を牽引
4.2 北米 放射線被ばく管理市場:モダリティ別(2019年)
図15 2019年、北米の放射線量管理市場はコンピュータ断層撮影部門が支配的
4.3 放射線量管理市場の地域別スナップショット
図 16 欧州の国々は予測期間中に高い成長率を記録する
5 市場の概要
5.1 はじめに
5.2 市場のダイナミクス
図 17 放射線量管理市場。推進要因、機会、課題
5.2.1 ドライバ
5.2.1.1 慢性疾患の負担増による医療用画像処理機器の使用増加
図 18 イギリス 実施された画像処理手順、2012年〜2018年(千件)
表1 国別がん罹患率、2012年〜2035年
5.2.1.2 放射線被曝に対する懸念の高まり
5.2.1.3 放射線機器の設置台数の増加
表2 Ctスキャナーの設置台数(2015年~2018年)(100万人当たり
表3 マンモグラフィー装置の設置台数(2015年~2018年)(100万人当たり
5.2.1.4 放射線量管理に関する意識の高まり
5.2.2 ビジネスチャンス
5.2.2.1 インターベンショナルラジオロジーと核医学への注目の高まり
5.2.2.2 小児科手術のための放射線量管理
5.2.3 Challenges
5.2.3.1 世界的な線量最適化のためのベンチマークの欠如
5.2.4 放射線量管理市場におけるCovid-19の影響
6 規制の展望
6.1 はじめに
6.2 北米
6.3 欧州
6.4 アジア太平洋地域
6.4.1 日本

 

 

【本レポートのお問い合わせ先】
www.marketreport.jp/contact
資料コード:5136179